デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 掛け軸の読み取り

黄禽双啼白日静 緑草自動春風香

丁未歳 如月 重山書

 

断捨離をしていた友人から 掛け軸を

読んで欲しいと頼まれました

 

新婚の頃 彼女の嫁ぎ先からもらったもので

当時書道をしていた義妹(20歳代)の

書ではないかとのことでした

 

なんとなく文字は読めましたが

文字は20代の書ではなく 50〜60代で

書経験豊かな方 つまりすごく上手い方のものだと

伝えました

 

ネットでこの書を検索すると 重岡俊雄さんの詩

らしいことがわかりました

 

明るい太陽のもと 若い鳥が2羽で鳴きあい静か

萌黄色の草から春風が香ってくる〜〜

丁未歳 如月  昭和42年2月に重山さんが書かれた

と伝えました

 

 

 

彼女はその頃 結婚しました

 

義父様のお知り合いの書家の方からの

プレゼントだったと判明しました

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 22:17 | category: 書ヒストリー |
# 「書の景色」から 街なかの名筆

2020.5.15  読売新聞 夕刊

 

2週間ほど前の記事ですが 「書の景色」というコラムで

「錦松梅」の看板ロゴが金子鴎亭さんの書であることを知りました

経緯は知りませんでしたが 誰もが好きになる素敵な文字です

 

ゆったり感が半端でない殿村藍田さんの

「古と問団子」の暖簾

気品溢れる杭迫柏樹さんの篆書「舞扇堂」

 

本当に見事な「書の景色」だなあと思うのです

 

金子鴎亭さんのサイン

 

整理していると 書芸院の方であろうサイン集が

出てきました 旅行中 北海道松前のお店で

偶然出会った金子鴎亭さんの作品を思い出しました

鴎亭さんは松前ご出身

 

 

 

21世紀は機械文字の時代だと 日本タイポグラフィ協会で

ミレニアムの頃言われ 信じがたい思いでしたが

 

高齢者にスマホが浸透しはじめた4〜5年前から

機械文字の時代が 確実にやってきたことを

感じるようになりました

 

スマホさえ持てば 連絡はメール

メモは写メ 手書きの必要性は

なくなりました

 

簡単 便利 素早くからほど遠い書は

今後どのように生きていくのでしょうか

気になるところです

 

 

 

| comments(0) | - | 22:02 | category: 書ヒストリー |
# 元通りではないけれど

関西では緊急事態宣言が明日から 解除されます 

何か成し遂げた 安堵感が少しあります

気の緩みは 大敵ですが

 

 

新聞や TVでは運動を促し 

以前にも増して散歩をする方が多くなりました

 

おりしもバラの季節

あちこちの庭から美しい花を覗かせます

 

 

 

なんの花でしょうか? 路肩で

 

あぜ道のカラー

 

 

青空にそびえ立つ薄紫の花 桐なのでしょうか

こんなに豊かに咲くのを見るのは 初めてです

葵の御紋 五三の桐 五七の桐の所以が見えます

 

 

庭のエゴノキ 可愛い花をたくさんつけました

 

 

水を張った田んぼは 田植えが終わっていました

 

 

庭の隅っこで 夏野菜を植えたり

種をまいてみました

胡瓜やサラダ菜

 

トマト

 

 

モロッコ豆 

 

30粒くらい蒔いたのですが 

殆どダンゴムシにやられてしまいました

グリーンカーテンにと思ったのですが

隙間だらけになりそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 20:58 | category: デザイン書道 |
# 気の毒な営巣

鮮やかな新緑が周りを包んでいます

ヒナを孵した小鳥 これから子育てを始める鳥

そんな穏やかな季節ですが

 

 

東京の娘から送られてきた写真です

 

一瞬わけがわかりません

色とりどりのハンガー

それにしても 半端なくすごい数です

 

 

 

カラスの営巣だったそうです

 

子供のころ歌った童謡

「ななつのこ」のカラスは

郷愁あふれた存在でした

 

山を追われ 市中で生きていかねばならない

カラスはいつの間にか追われる身

 

その営巣さえ やっとの思いで集めた針金ハンガー

そして無残な撤去

 

5歳の孫と娘は カラスの頑張りを

讃えたそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 23:05 | category: デザイン書道 |
# 花水木が美しく咲いたのに

花水木

 

満開の花水木

 

 

今年も花水木が咲きました

近くのミズキ通りは白ですが 今美しさを 誇っています

 

昨日は93歳の兄の告別式でした

身内は皆高齢化し 甥や姪も60代 70代で

遠隔地でしたので 内輪だけの寂しい見送りでした

県を幾つもまたいでの移動なので

行けませんでした

 

入所していた介護施設や病院も 2月からの

コロナウィルス騒ぎで 面会謝絶

 

10日ほど前 会いたい人がいたら面会できますとの

連絡がありました

10年前 博多の梅の花で大勢身内が

集まった思い出の写真と 昨年の花水木や

チューリップ・椿・芍薬の写真に

手紙を添えて 病院に送りました

お義姉さんは元気になったから安心してねと

 

 

太陽が差すと 満開の花水木は一層赤みを増し

美しく輝きます

送ったのはそんな写真でした

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 22:45 | category: デザイン書道 |
# 若菜摘む

若菜

 

小松菜の「なばな」と三つ葉の新芽

 

 

連日コロナウィルス蔓延に 怯える毎日が

続いています

窮すると憤懣やるかたなく 国内のみならず

世界中から 辛いニュースが流れます

 

 

とはいえ 日々の三密を避けた生活の中でも

ほっとする日常もあります

 

昨秋 蒔いた小松菜が この冬中の食卓を

彩りました 

もう終盤ですが 次々と春先独特の 

苦味のある柔らかい花芽がつきました

さっと茹で 鰹節でいただくと幸せです

 

また20年ものの 三つ葉

それも朝出たばかりと思われる

くるっと巻いたままの新芽を 味噌汁や

スープに浮かすと さわやかな香りが 広がります

 

百人一首

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む

わが衣手に 雪は降りつつ」

この若菜摘むは 春の七草だそうで

季節はお正月 

 

小松菜の花や 三つ葉の新芽をいただくと

若菜摘むの詩をを思い出してしまいます

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 23:41 | category: デザイン書道 |
# 萌え立つ春

飛鳥カントリーのメタセコイヤ

 

最寄駅近くの雑木林

 

 

コロナウィルスに世界中が怯え 三密を避け

散歩をする人が多くなりました

 

 

2〜3日好天に恵まれ 戸外を歩くと 

自然は何事もなかったように

木々が萌え立ち 美しい光景を広げます

 

幸せだった日常を一変させたウィルスに

翻弄される毎日ですが 前を向きたいと思います

 

 

2日前の 遊歩道の 紅枝垂

 

暖かい日差しが続き 本日は随分と

緑が進んでいました

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 22:22 | category: デザイン書道 |
# Startのはずなのに

2020年4月1日はいろいろなスタートの日のでした

 

昨年は「平成」最後の月で「令和」の元号が

発表されました

インバウンドで日本中が沸き立ち

そのまま東京オリンピックに向かう

希望に満ち満ちた年でした

 

それが思いもよらないウイルスが世界中を蔓延し

瀕死の状態です 誰もが想像だにしなかったことでした

 

桜も満開で 美しい季節が始まろうとしているのにです

 

この4月に 小学校入学と幼稚園入園を楽しみにしていた

近所の姉弟が 桜がきれいなうちにと ランドセルと

幼稚園リュックを背負って写真撮影をしていました

 

親御さんとしてはどんなに残念なことでしょう

入学式や入園式の連絡はまだなさそうです

 

国や自治体の指示待ちの方が多いようですが

自主的に 3密に気をつけ 手洗いうがいを実行

不要不急の外出を避けなければと思います

 

あの明るい日々が再び訪れますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 22:02 | category: デザイン書道 |
# 決断の時

連日のコロナウィルスニュースに 世界中の人々が

不安を感じて過ごしていることでしょう

世界から見れば日本の感染の流れは緩やかですが

専門の方々の推測は いつパニックになるかわからない

きわどい状態であることが感じられます

 

みんなが一丸となって 三密を避け前向きの行動に向け

決断実行すべきでしょう それによって被害を負う方

収入ばかりか 住まいも追われる人もあります

 

それは国の力でなんとか援助の手を差し伸べて

欲しいと思います

 

人と人の距離を置くことで ヨーロッパでは少しづつ

変化の兆しが見えるとも報じられています

治療薬や予防薬の研究開発も勧められ

ウィルスとの戦争の終息もそんなに遠く

ないのかもしれない・・・そう思いたいです

 

平和で穏やかだったあの日々に

戻っていくために・・・

 

 

 

 

| comments(0) | - | 22:38 | category: デザイン書道 |
# 春なのに

百花繚乱の春なのに〜 門出の春なのに〜

 

一昨日 市立病院に出かけると閑散としていました

不要不急の外出は避けるようにとの達しもあり

コロナウィルス蔓延の最中ですから

当然のことなのですが

 

生駒市立病院敷地に突然現れた 白い囲い

駐輪場のそばには スケルトンの囲い

コロナ関連のスペースなのでしょうか

 

インバウンドで賑わった奈良県は

最初にコロナウィルス感染者が出て 

緊張が走ったところでもあります

備えができているのかもしれません

 

 

桜が咲いてきました

 

 

まだ2〜3分といったところですが 土日は見頃でしょう

 

陽光 という種類は満開です

 

 

庭のチューリップ 今年は100本ばかり

 

 

10日ほど 開花が遅れた椿

 

春なのに 春なのに ため息またひとつ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 22:47 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links