デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 中村 哲医師の無念の死

無念

 

先週 アフガニスタン復興支援にあたられた

福岡の医師中村 哲さんを乗せた車が 

武装集団に襲撃され死亡されました

このニュースにショックを受けた方は

多いのではないでしょうか

 

転勤で福岡に住まわれた 近所の方も

残念でならないと悔しそうに話されます

 

長年パキスタンやアフガンの国境付近で 貧困層への

医療活動に取り組まれ 医療支援だけでは

飢えも渇きもいやせないと 井戸を掘り用水路を作り

不毛の砂漠を緑に変え 現地の復興支援に

力を注いでこられた中村医師

アフガンの方から絶大な信頼を寄せられた方でした

 

なぜ そんな方が 銃撃されたのでしょう

本当に無念でなりません

アフガンや日本人のみならず 世界中の人が

やるせない思いでいっぱいです

 

 

中学生のころ過ごした福岡は東区で

中村さんが卒業された 当時の

九州大学の側は 飼い犬との散歩コースでした

 

本日福岡では葬儀が執り行われました

ご冥福をお祈りします

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:37 | category: デザイン書道 |
# ねこアール展 ねこ好き集まる〜

 

〒606-8352 京都市左京区二条通り東大路西入ル

(北門前町 478-5) TEL:090-6916-5353

mail: toyoda.sigeko@ares.eonet.ne.jp

 

 

今年の春先 幾つかの展覧会に誘われ

「わかりました〜」と気軽に返事をしたのが

11〜12月に集中し 作品作りにあたふたしています

 

グループ展といっても 大勢の方が参加する

展覧会は作品も1〜2展で気持ち的にはとても

ゆとりがあります

 

それをいいことに のんびり構えていたのですが

と言うより 切羽詰らないとアイディアは

浮かんでこないのが常です

 

名うての猫好きの集まりということですが

私がねこと過ごしたのは 生まれてから

嫁入り前まで

 

ですがねこの姿や振る舞い

尻尾の動きや 鳴き声 その気持ちは誰よりも

よくわかっているつもりでした

 

期末テストに真剣に取り組んでいると

広げたノートの上にどーんと寝転ばれたり

寒い夜は湯たんぽのごとく寄り添ってくれたり

思えばねこに育てられたような気もします

 

そんな私の作品「ママひとやすみ」です

ザルの中の子猫の真上でひと休みのママねこを

一閑張で作りました〜↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:33 | category: アート |
# チャッピー岡本「干支のカブリモノづくり」講座

ちゃっぴー岡本さんと カブリモノをかぶった子供たち

 

 

「チャッピー岡本 カブリモノ」で検索してみてください!

ワクワクする カッコイイかぶりものに 出会えます〜〜〜

 

 

TVや新聞で紹介されたカブリモノ作家 チャッピー岡本さんが

「干支のカブリモノづくり」講座をされます

大人でも楽しる 超おしゃれなカブリモノなのです

 

日 時 2019年12月14日(土) 午後1時半〜3時

講 師 カブリモノ作家 チャッピー岡本先生

     www.kaburimono.com/profile.html

場 所 なら工藝館(なら工藝館・奈良デザイン協会共催)

参加費 1,200円(対象者:3歳以上〜大人 小学3年生以下は保護者同伴)

持参品 クレパス・クレヨンなどの画材・ハサミ

 

申し込み・問い合わせ先〒630−8346奈良市阿字万字町1番地の1・なら工藝館

           TEL0742-27-0033   http://azemame.web.fc2.com

もしくは熊野までご連絡ください 0743-79-9939

 

地図制作 熊野井乃

 

 

7〜8年前でしょうか

奈良出身で 昭和を代表するデザイナー 故「田中一光展」が

奈良県立美術館で開催され イベント後の懇親会で

チャッピー岡本さんと初めてお目にかかりました

 

TVや新聞でご活躍の方だとは知っていたのですが

突如あの「勝井三雄」さんも東京から駆けつけられ

会場は騒然となり そのままでした

 

 

4〜5年前のイベントがきっかけで

奈良デザイン協会に所属し

「なら工藝館」のデザイン講座に協力という形で

毎年お手伝いをしています

 

お手伝いとはいえ いろいろな方の

お話を聞いたりしながらのサポートですから

結構楽しまさせていただいています

 

 

 

        

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:03 | category: デザイン書道 |
# 彩の季節

 

朝晩は冷え込みますが その冷え込みが

一瞬の美しい光景を作ります

 

遊歩道を歩くと華やかな絨毯が広がります

 

 

今しかない一瞬の色づき

 

 

桜は大半が散ってしまいましたが

キラキラ輝きます

 

 

素敵な飾り付けの門まわり

家人のお人柄がつたわります〜

 

若い銀杏並木 イオンモールに抜ける新しい道です

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:14 | category: デザイン書道 |
# 万年筆画展の作品

 

 

11月16日(土)スタートした万年筆画展ですが

遠距離なのでなかなか会場には出かけられません

 

額にはアクリル板があり 撮影は光が入り

うまくいきませんが写してきました

 

神谷利男先生作品

ペンのサメが スイマーを狙っています〜

 

 

神谷先生 ゴッホ自画像のペン画

インクの流れが特徴的

 

9月から参加されたばかりのTさん

あまりにも素晴らしく 唖然と見惚れています

 

 

一筆書き タツノオトシゴ 

 

Sさんは さらりと仕上げられるのですが 

緻密な設計にいつも驚きます

 

 

テーマ 動物

 

優雅なYさんは いつも優しい線質で

憧れです 

 

 

以下は弊作品

殆ど教室でしか描く時間がないのです〜

 

課題1

フランスパンの点描

 

「外バリッ 中ふぁあ〜」

のつもりで描きました 

・・・だけで書くのはとても大変 特にふあっと感のある

切り口の空洞ですが 蓮根のようになってしまいます

 

 

課題2 動物 

チーター一家

 

母の守り堅く 辺りを見渡す鋭い目

尻尾の先まで緊張が走ります

子供達も足元で 警戒してます

 

 

課題3 城

 

姫路白鷺城

石垣はこの程度で〜〜

先生のアドバイスでした

何事も8割り程度がホッとするのかもしれません

 

 

課題4  一筆画

ブームの猫

 

まず形を整え 1本の線でスタート

途中行ったり来たりしながら繋げていきます

かなりの遊び心が要求されますが 

残念なことにありません

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:08 | category: アート |
# 第6回万年筆画展 於:アートスペース柚YOU

 

 

 

 明日から万年筆画展が始まります

 

 

〒606-8352 京都市左京区二条通東山通西入ル(北門前町478-5)

TEL:090−6916−5353

E-Mail: toyoda.sigeko@ares.eoneto.ne.jp

雑多な用事で多忙を極めているうちに

万年筆画展が明日からはじまります

 

昨日は義姉を見送り福岡でした 

先週 簡単な入院加療をし

治療したりしているうちに

お知らせが遅くなってしまいました

 

新しいメンバーの 個性的な作品もあり

とても楽しみな展示です

 

京都ですが 辺りは名勝旧跡の紅葉シーズン

おついでがございましたら

覗いてみてください〜

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:10 | category: アート |
# デザイン書道って

 

デザイン書道

 

長年デザイン書道に関わってきました

広告のテーマやコンセプトに沿ったイメージを

文字で表す つまりイメージに合った文字を

描かせていただいてきました

 

最近学校書道の現場で デザイン書道を

取り上げたいという動きがあるようで

とても嬉しいことだと思っています

特にダンスと一緒になったような

書道パフォーマンスは高校生の

憧れかもしれません

 

古典書道であれ デザイン書道であれ

書道が後世に伝わっていくことを ひたすら

願っています 

 

教育機関の中でデザイン書道という定義みたいなものが

あるわけではないようですし と言うより

模索されているような気もします

何千年もの歴史がある書道が

基本であることに違いありません

 

昔のことになりますが

漫画やイラストが絵の世界では

異質と捉えられていた時期もありました

ですが日本の漫画は今や世界を席巻しています

 

デザイン書道もいつしかそういう時期が

くるのではと信じたいです

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:13 | category: デザイン書道 |
# 現代和みアートフェス 暮らしのRE-USE

 

鰻の寝床みたいに入り口を入ると深く広がる

奈良町にぎわいの家

 

読売新聞 金曜日 Event 欄より

 

小さな新聞記事でしたが 神様のお引き合わせ

見えたのです!

 

ネットで見かけた八重柏冬雷さんの素敵な作品を

拝見したいと訪ね 撮影OKということで

写させていただきました

 

山頭火の句が 現代アートで表現されています

右から 〜けふもいちにち風を〜

ム ムつかしい・・・

 

「愛」 なーんとなく漢字の愛に見えます

 

立派な床の間だと思いましたが

もしかしたら仏間だったかもしれません

 

 

どちらも花鳥風月?

 

この部屋は ヨーロッパ系の団体の方が 座して

おくつろぎ中で ガイドさんが英語で一生懸命説明

遠目にしか拝見できず残念でした

 

富岡珠子さんのワイヤードローイング

 

 

近寄ってみると 影が見事な演出をしていました

 

 

三枝 聡さん

 

色々な素材が組み合わさって 平安朝を思わせるような

雅さと ピカピカ光る仕上げが今様かなあ〜

 

 

こちらもキラキラ雅 

 

それにしても豪勢な古民家には

床の間が沢山あります

 

 

タカハシ トモコさんの布コラージュ

 

幼い頃 端切れを集め

人形遊びをしたことを思い出しました

自然素材の布ってあったかい〜〜

 

 

近鉄奈良やJR奈良駅近くの商店街は

海外のお客様で いっぱいですが

最近はこの辺りの小さな路地にも 

クールな奈良を愛る人で 

賑わうようになりました

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:44 | category: アート |
# 未来のフォント

円盤の中は文字パーツ

 

これだけのパーツで多様なフォントができる!

先日そんな講演を聞きました

 

所属していたタイポグラフィ協会の緊急連絡があり

自動的に文字が書かれるAIを研究開発している

3人組のオランダのタイプファウンダリー

「Underware」の大阪でのワークに参加しました

 

 

↓Underwareの instagram

https://www.instagram.com/p/BqyAJ5xBO9D/?utm_source=ig_web_options_share_sheet

 

フォントの制作を諦めた私には関係ないと思いながら

AI進化に伴って文字はどんな風に変化するのか

ということに興味もありましたし

 

会場が阿波座で何度か訪れた

江之子島文化センターのお隣で

勝手がわかる場所でした

 

英語に似ているオランダ語は

西部委員長でオーストラリア人のDさんが通訳

はっきり言ってとても難しい内容で

理解不能状態でした

 

 

NHKの番組では 人工知能が

美空ひばりさんを蘇らせ 新曲を歌い上げました

そんな時代ですから文字も 人工知能が

新しい分野を 開発していく可能性は

大いにありと思われます

 

帰り際に理事のTさんが

「カリグラフィは これからも残りますよ!」と

声をかけてくださり ちょっと元気が出ました

 

書道 頑張れ!!!

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:12 | category: デザイン書道 |
# 懐かしい神湊

神湊=こうのみなと

 

お盆に墓参をした甥が 懐かしい地名の

お醤油を送ってくれました

 

 

2017年に世界遺産になった

「神宿る」沖ノ島宗像・関連遺産群地域の「ナカマル醤油」の

製品 中でも刺身醤油の「神湊」は懐かしい名前です

 

当時は宗像郡神湊町 小学校の担任の先生も

お住いで 呉服屋 荒物屋 肉屋 雑貨屋 郵便局等々が

あり賑やかで 活気のある町でした

 

父とは自転車で 母とは徒歩で出かけたことを

懐かしく思い出しました

 

ナカマル醤油醸造元は 1850年創業の老舗

確か何年か前NHKの「家族に乾杯」でも

紹介されていました

 

だんだん年齢を重ねると 故郷が

恋しくなるのでしょうか

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:00 | category: - |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links