デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 唐招提寺さまへ寄進させていただきました

夢瓦展(2017.10) 出品の「長屋王詩」 

山川異域  山や川は地域が異なるけれど

風月同天  風月は天を同じくし

寄諸佛子  諸諸を仏子に寄せて

共結来縁  共に来縁を結ばん

 

長年お世話になった奈良市の印刷屋さんに

唐招提寺さんへ仲立ちいただき

寄進させていただきました

 

折しも昨年は717年の遣唐使から数え1,300年

2017年9月7日の新聞で 唐招提寺開祖 鑑真ゆかりの

中国揚州のお寺に袈裟を200枚贈られると

発表されたのです

 

この度中国へ送られた袈裟で 当時と同じく

この詩が縫い取られています

 

 

2015年1月から学び始めた古代ヤマト講座で

古代のヤマトが少し見えてくるようになり

登場した「長屋王」のこの詩に惹き寄せられました

 

学ぶと長屋王は天武天皇の孫に当たり

父は高市皇子 その母は九州宗像の

胸形徳善の娘尼子の郎女

(むなかたとくぜんのむすめあまこのいらつめ)

 

奇しくも昨年 世界遺産になった

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

福岡・宗像は出身地なのです

 

子供の頃 宗像神社には春と秋の放生会に

お参りし 関連遺産群の新原・奴山古墳群の

近くの小学校で学びました

 

また昭和60年 オープンしたばかりの

奈良ロイヤルホテルで 宴会場の行灯や

結婚式披露宴や 会食の席札を毛筆で書く仕事を

していました 当時 そばの平城宮跡の

デパート建築現場から 遺構と共に大量の木簡が出たと

聞いていました

 

それが長屋王邸跡で 10万本近く発見されました

現在その木簡は 半分ほど読み解かれているそうですが

まだ歴史の解明は この先続きそうです

 

不思議なご縁が続き この度の話になったのですが

当日は 西山長老さんに お受け取りいただき

印刷屋さんからも 部長さんはじめ3名の方に

出ていただき 大変光栄なこととなりました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:02 | category: デザイン書道 |
# 工程と共に

青春

 

朱夏

 

白秋

 

昨秋夢瓦展で出品した作品が見事に額に収められ

写真と共にその工程が 送られてきました

 

 

こんな作業場があればいい仕事ができるのかも

 

 

作業台といい作業用の白い手袋もカッコイイ

 

 

細やかな工程に驚きます

 

 

額裏の仕上がりです

お見事!!!

 

暮れのお休みに仕上げられた作品の完成写真が

送られてきました

プロ並み いえそれ以上素晴らしくて脱帽です!

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:06 | category: デザイン書道 |
# 思いっきり描く

昨日・本日 なら工藝館デザイン教室

ならまち界隈の風情を鉛筆またはペン画で描く

「スケッチ画教室」でした

講師:大西治雄(奈良デザイン協会顧問)

 

私は奈良デザイン協会の会員として受付準備係として

皆さんの講座を拝見しました

 

 

講師の大西先生は昨年

「琵琶湖一周とその水辺景観を描く」の展覧会をされた方です

 

 

先生が出版された「中山道を歩く」や「琵琶湖一周」の

本を拝見しながらスケッチの極意を教わります

 

土曜日は説明の後 極寒のならまちに繰り出し

スケッチの場所をよく見て カメラに収め

その後工藝館で 簡単にスケッチをします

 

2日目の日曜日はそれを仕上げるのです

 

スケッチや絵を描く事は初めての方もありますが

人生経験豊かな方々ですので 初心者とは思えません

 

線は思いっきり・・・書道と重なる事が多いです

スピードを上げて 一気に

鉛筆スケッチですが 描いた線は消さない

曲がってもいい

目を細めて見ると 輪郭だけ目に入ってくる

たくさん描く 

 

先生が生徒さんのスケッチブックに 同じ場所を

あっという間に描かれました

スピード 空間のつかみ方 遠近感 高低差

迫力あるスケッチに みんな魅了されました

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: デザイン書道 |
# あけましておめでとうございます

 

 

本年もよろしくお願いいたします

 

 

 

爽やかな初日の出でした

恒例の 昔ながらの花を生けますが

小さな孫が来るので 床の間ではなく

邪魔にならない玄関に移動します

 

 

新年にふさわしく 穏やかな良いお天気で

のんびりしていたのですが

明日到着する家族の寝具の用意や

新たに頂戴した年賀状の返信をしているうちに

夕方になってしまいました

 

郵便局は大勢の人が 車で訪れ

我が家と同様 年賀状を投函される方が

多いことに驚きました

 

今宵はのんびりですが 明日から忙しくなりますし 

受験生の孫は暮れからインフルエンザにかかり

治ったと思ったら 次は胃腸炎で

今日も病院に行ったとか

 

気になることも多い 新年となりました

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:35 | category: デザイン書道 |
# 筆文字のカレンダーの中に

年末に届いた筆文字カレンダー

 

右の大小カレンダーは書家の伊藤雲峰先生筆

「水馬」水をテーマに12ヶ月をまとめていらっしゃいます

 

左の可愛い日めくりはKeiさん

 

慌ただしかった年の瀬ですが今年も終わろうとしています

年末に届いた筆文字カレンダーの中の

「今日をちょっとだけいい日に」は

半年限定で開講した難波のカルチャーに

来られたKeiさんの作品です

 

Keiさんは一月分の日めくりカレンダーを

娘さんへのメッセージとして

まとめられていますが

味わい深い言葉が詰まっています

 

彼女はたった半年ばかりの出会いで

やりたいことを見つけ 2〜3年前には

紡ぎ出したで言葉を何点も何点も

額に収め個展を開催されました

 

その頃から彼女は文字だけでなく

言葉の力も育んでいかれたのです

これからの健闘をお祈りしたいです

 

 

本年も拙いブログにお越しいただき

ありがとうございました

来年はもっと落ち着いてブログに

取り組めたらいいなあと思います

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:23 | category: デザイン書道 |
# クリスマスの夜

最近の子供達にとっての一大イベントは 

HalloweenとChristmas 

昨夜はChristmas Eve

 

二人の娘たちから昨夜はラインで Christmasの様子が

次々と送られて 居ながらにしてまるで一緒の場所に

いるような楽しい夜でした

 

3歳の孫の家では こんな楽しいケーキ

大福がのってるの?と尋ねると 丸っこいのは

シュークリームとのこと

 

プレゼントを渡すと その3歳は

「サンタさんは ねんねしてる時に 

そっとプレゼント置いて行ってほしいんだよ〜」と

 

翌朝大きな靴下に何か入れて

置いておかないと! と娘は慌てています

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:03 | category: デザイン書道 |
# デザイン書道を楽しむ「筆書きサインをカッコよく決めよう!」講座

筆書きのサイン講座のつもりでしたが

なら工藝館へ

筆ペンでいいですか とか

書道用具がありませんとの

問い合わせに 少々慌てました

 

我が国の筆や墨の発生の地

奈良であるにも拘わらず 書道文化が

変化しようとしていることに気付かされました

 

 

まずは時節柄 年賀状の宛名書きを想定し

住所と名前の練習から始めました

もちろん筆でも 筆ペンでもOK

宛名書きの注意点 

⚪︎ 目に付きやすい 丸印の箇所は大きく 丁寧に 

  その下は 一文字目の流れで少々小さく柔らかく

⚪︎ 住所は 7桁の郵便番号 右から2個目位から書き出す

⚪︎ 住所は長いと文字と文字の間を詰める

⚪︎ 草書や行書は読めないので 楷書を少し柔らかくした文字を書く

 

サインは著名な方や芸能人ならば 何となく

サインを見て誰か想定しやすいのですが

そうでなければ やっぱり読めた方がいいのではと

 

サインもある程度書き方を練習し しっかり形が

整えば 勢いよくということでしょうか

 

 

講座の4〜5日前 駅前のイナモリ文具店さんで 太字 中字 極細と

3種類の筆ペンを購入し 試し書きしました

驚いたことに 今年の筆ペンは優れもので

筆以上に腰もあり 毛先も毛筆同様みごとな

しなりもあり 書きやすいのです

 

講座のみなさんにも毛筆 筆ペン 万年筆と

色々使っていただき これからも書くことを

楽しんでいただきたいと思いました

時間いっぱい使い 会場の写真を撮る間も無く

本当に広報が下手だなあと痛感しています

参加の皆さん申し訳ありません

 

 

また

ピンチはチャンスと言いますが

もっと太い筆ペンも出現しそうですし

筆ペンでそこそこの「書道」の世界が確立

されるのかもしれません

 

とはいえやはり自由闊達にいろいろな表現が

楽しめる毛筆は 絶やしたくありませんし

次世代へ 伝えていかなければと思います

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:50 | category: デザイン書道 |
# 「旨い字が描きたい」の本が書遊さんに

9月にリニューアルされた 書遊奈良本店の書籍コーナーで

「旨い字が描きたい」が販売されていました

 

 

12/23(土)なら工藝館での「筆書きサインをカッコよく決めよう!」

講座のチラシを置いていただきたく 書遊さんを訪ねると

思いがけず この本を見つけ 嬉しくなりました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:39 | category: デザイン書道 |
# 奈良の冬景色

冬景色

 

初冬といえども今年の冷え込みは早く 厚めのコートを

早々と着込み みな背を屈め行き交っています

 

いつも通う古代ヤマト講座のお隣は奈良県文化会館

赤く残るカエデの景色の中に 鹿が一頭

草を喰んでいます

 

 

その文化会館のお隣に ひっそりと佇むのは

東京芸術大学美術学部附属の 古美術研究施設

 

 

先日の日曜日は奈良マラソン

鴻池競技場の周りは 参加者やその応援の家族や関係者で

大変賑わっていました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:39 | category: デザイン書道 |
# 「筆書きサインをカッコよく決めよう!」 講座のご案内

 

 

手書きのチャンスが減少し 突然の署名に戸惑うことが多くなりました

カッコよく分かりやすいサインや 住所氏名の書き方ポイントを押さえましょう

 

「デザイン書道を楽しむ」

なら工藝館で恒例の講座を開催します

 

平成29年12月23日(土) 午後1時半〜3時半

持ち物: 細筆・小筆 筆ペン可 墨入れ(小皿OK)

参加費: 1,900円

 

◎講師 熊野井乃

 

◎申込(各々10名)

 往復ハガキに住所・氏名・年齢・電話番号・講座名を書いて下記会場まで

 お申し込みください。

 若しくは 熊野井乃まで 電話0743-79-9939 ファックス0743-79-5077

 

◎送付先・会場

〒630-0133 奈良市阿字万字町1-1 なら工藝館あて 電話0742-27-0033

 

※本講座は「奈良デザイン協会」と「なら工藝館」の共催で開きます

 

 

来月の 平成30年1月27日(土)は大筆パフォーマンス講座です

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:55 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links