デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
# 講座のスタートはひらがなから

王羲之の蘭亭徐

 

欧陽詢の九成宮醴泉銘

 

欧陽詢76歳の作品で憧れの楷書です

 

昨日は初めてのデザイン書道・墨アートと

その基本講座でした

 

募集をする間もなく 突然の開講で

知人にお知らせという形での

スタートでしたので どの方が

来てくださるのかがよくわかりません

 

が兵庫県や大阪から駆けつけてくださる方もあり

嬉しい出発でした

 

「旨い字が描きたい」にも書いていた事ですが

古典書道つまり楷書や行書草書は

道具の筆を大切に扱う書道だという事です

 

毛先の流れを感じながらそれを

使いこなす・・・それが書道の基本

 

その楷書から始めるつもりでしたが

前日ひらがなをやってみるのが 肝心ではないかと

前夜 手本用のひらがなを準備しました

 

家族に意見を求めると

大人が習うのに「ひらがな」なんて

とても失礼と言われてしまいました

 

自由な筆法で自由に描いていく

デザイン書道のみだと 作品のバリエーションが

限られるし 書の基本を知ることで

新たな展開も始まると思えたからでした

 

漢字と平仮名の割合が3:7の文章が

読みやすいと かの「井上ひさし」さんも

おっしゃいましたが ロゴの仕事も結構

平仮名は多いのです

 

「これをやりたい!」と言ってくださる方もあり

ひとまずホッとしました

 

またかな書道経験の長い方には九成宮を

とりあえずやっていただき

綺麗なお手紙が書きたい方には

手紙文をというような

自由な課題で お互い

刺激をいただきながらの

スタートでした

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:07 | category: デザイン書道 |
# 感動の復活! 金銀メダル

1996年 音楽プログラムタイトルより

 

圧巻のオリンピック連覇! おめでとうございます!!!

昨秋の痛々しい怪我からの復活

羽生選手の演技は世界中のファンが心配しながら

見守っていました

 

深夜のNHKのインタビューで 清々しい金銀メダルの

おふたり 日本中が歓喜に包まれた日だったとも言えましょう

 

本日午後 羽生選手の競技後 

用事で外出しました

 

幹線道路にはそこそこ車が走っていましたが

住宅地の中は 車が一台も走っていません

一生懸命にライブを見ながら

日本中が応援していたに違いありません

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:48 | category: デザイン書道 |
# デザイン書道・墨アートとその基本講座を始めます

デザイン書道・墨アートとその基本講座を再開します

 

昨年末 近所の方から 書道を教えほしいと言われたのが

きっかけですが 「旨い字が描きたい」を出版したことで

度々教室のお問い合わせも頂いていたのです

 

「主婦が当たり前」で生きた年代なので

家事や介護等々もやった上での「書道」でした

 

子供の頃からずっと書道と関わりがあり

昨今の「手書き文化=書道」の衰退には

心が痛み 何とかしなければの思いも

つのっていました

 

*****************

 

筆や墨の世界も 急速な時代の変化に押し流されそうに

なっています 長年続いた伝統の手書き文化を 

絶やさないためにも 時代に沿いながら 基本を見つめ

楽しみたい方には 楽しく

プロを目指す方にはその道ご案内したいと思うのです

 

 

折しもタイプフェースの巨匠 味岡伸太郎さんから

お送り頂いた著書にも 手書き文化 書道文化の

衰退を憂いた著述がありました

 

 

場所は 奈良市学園北 1-8-7  メイアイハブ

近鉄学園前駅 徒歩2分

毎月第1・第3月曜日 PM1:30〜3:30

とても誠実な優しいオーナーさんです 

 

 


基本や 古典の資料もあります

 

 

墨の濃淡を活かせば アート風にも

 

メルヘンチィックにもなります

 

 

美しく整った基本を学びたいという 

声も聞こえます できることは何でもやっていかないと

これからの子供たちへ伝えていく方が

いなくなるという 危機感があります

 

実は初っ端から変則的ですが

2月は第3・第4月曜日PM1:30~3:30で

スタートします 

 

来月以降は 第1・第3月曜日です

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:44 | category: デザイン書道 |
# 青空の富士山

富士山

 

なら工藝館での大筆で描くデザイン書道講座の翌日から

孫のサポートでしばらく東京に滞在しました

 

慌しい中 よかったことがふたつ

ひとつは 雪を頂く見事な富士山が

見られたことでした

 

帰路は厳寒の中でも青空が見えたりして

新幹線乗車時から期待していました

 

三島あたりは富士山に一番近く 大きくたおやかな

姿が見えてきましたが 新幹線の中からなので

写真を撮ると残念な構図になります

この辺りに来ると 前方や後方からもシャッター音が

頻繁に聞こえます

 

 

富士山を遮る建物も電線もなく 見事な姿が

収められました

 

一瞬手前の青いものが 三保の松原のように

見えましたが 工場の青い屋根です

 

こんなに清々しい富士山に出逢うなんて

今年はいいことがありそう〜〜〜

 

 

関ヶ原あたりでしょうか 真っ白な銀世界が

広がっていました 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:08 | category: デザイン書道 |
# 大きな紙に大きな筆で描く

大きな紙に大きな筆での体験は皆さん初めて

 

ワクワクドキドキ 本当に初めてでも

書けるのかしらと 思われている方ばかりでした

最初に要領をお話しすると

とても初めてと思えない作品ばかり

 

小学2年生も挑戦! うまくいきました〜〜

 

 

 

 

 

心華

 

とても寒い季節 極寒の日

参加者5名でしたので思う存分

腕をふるって楽しんでいただきました

 

それにしても準備と後片付けは

たいへん! 皆さんに手伝っていただきました

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:23 | category: デザイン書道 |
# 五代目石橋さんの蔵入りみかんいただきました

昨年の春先に描かせていただいたロゴです

見事な蔵入りみかんが届きました

 

五代目石橋さんのみかん畑は 真夏に雪が積もったような

銀世界に包まれます マルチと呼ばれる白いシートで

覆われた畑は 土壌の水分量が調整されるのです

 

太陽光の反射で日照量を上げることができるので

甘く食感のいいみかんが育つのです

 

ジューシーでしっかりした味の

あまーいみかんです

 

 

隷書のロゴはきちんと感があり しっかり商品に

取り組まれた感があります

 

パッケージや パンフレットに

仕上がるのが見られるのは

文字担当として この上ない嬉しさです

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:47 | category: デザイン書道 |
# 和紙の準備が整いました

和紙をほぼ1日かけてカットしました

大きなサイズなのでちょこちょこ動くと結構疲れます

休み休み ダラダラしながらやります

 

カットし終わったところで 試し書きをしました 

 

右の薄墨が1枚目だったのですが

昨年末取替えたばかりの レースのカーテンに

飛沫が思い切り 飛んでしまいました

慌てて 濡らしたタオルで対処

とりあえず 飛沫は薄くなりました

文字ではありません 面白そうですが意味はありません

失敗です

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:43 | category: デザイン書道 |
# 大筆を使う書道パフォーマンス

今週末の土曜日 大筆を使う書道講座をなら工藝館でします

初めてでも体力があれば大丈夫!

 

下の作品は 昨年初めて大きな筆を使われた方の作品

 

Sさん

 

Mさん

 

大筆も用意し

 

50mのロール紙はUさんが購入されたのを譲っていただきました

明日切り取り作業をしたいと思います

丸1日くらい掛かると聞いてます

 

頑張って用意したいと思います

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:51 | category: デザイン書道 |
# 唐招提寺さまへ寄進させていただきました

夢瓦展(2017.10) 出品の「長屋王詩」 

山川異域  山や川は地域が異なるけれど

風月同天  風月は天を同じくし

寄諸佛子  諸諸を仏子に寄せて

共結来縁  共に来縁を結ばん

 

長年お世話になった奈良市の印刷屋さんに

唐招提寺さんへ仲立ちいただき

寄進させていただきました

 

折しも昨年は717年の遣唐使から数え1,300年

2017年9月7日の新聞で 唐招提寺開祖 鑑真ゆかりの

中国揚州のお寺に袈裟を200枚贈られると

発表されたのです

 

この度中国へ送られた袈裟で 当時と同じく

この詩が縫い取られています

 

 

2015年1月から学び始めた古代ヤマト講座で

古代のヤマトが少し見えてくるようになり

登場した「長屋王」のこの詩に惹き寄せられました

 

学ぶと長屋王は天武天皇の孫に当たり

父は高市皇子 その母は九州宗像の

胸形徳善の娘尼子の郎女

(むなかたとくぜんのむすめあまこのいらつめ)

 

奇しくも昨年 世界遺産になった

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

福岡・宗像は出身地なのです

 

子供の頃 宗像神社には春と秋の放生会に

お参りし 関連遺産群の新原・奴山古墳群の

近くの小学校で学びました

 

また昭和60年 オープンしたばかりの

奈良ロイヤルホテルで 宴会場の行灯や

結婚式披露宴や 会食の席札を毛筆で書く仕事を

していました 当時 そばの平城宮跡の

デパート建築現場から 遺構と共に大量の木簡が出たと

聞いていました

 

それが長屋王邸跡で 10万本近く発見されました

現在その木簡は 半分ほど読み解かれているそうですが

まだ歴史の解明は この先続きそうです

 

不思議なご縁が続き この度の話になったのですが

当日は 西山長老さんに お受け取りいただき

印刷屋さんからも 部長さんはじめ3名の方に

出ていただき 大変光栄なこととなりました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:02 | category: デザイン書道 |
# 工程と共に

青春

 

朱夏

 

白秋

 

昨秋夢瓦展で出品した作品が見事に額に収められ

写真と共にその工程が 送られてきました

 

 

こんな作業場があればいい仕事ができるのかも

 

 

作業台といい作業用の白い手袋もカッコイイ

 

 

細やかな工程に驚きます

 

 

額裏の仕上がりです

お見事!!!

 

暮れのお休みに仕上げられた作品の完成写真が

送られてきました

プロ並み いえそれ以上素晴らしくて脱帽です!

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:06 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links