デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# なら工藝館は傳える

傳=伝の旧字

 

奈良はシルクロードの終着点といわれ

日本の文化 伝統工芸発祥の地として栄えました 

 

「なら工藝館」は ならまちの古い町並み保存と 

活性化を目指し 平成12年にオープンしました

奈良市阿字万字(あぜまめ)町にあります

 

奈良の古い伝統工芸である

漆器 一刀彫 陶芸 奈良晒 仏像彫刻 金つぎ 

漆 木工や トンボ玉等の長期講座も開催されています

 

又奈良デザイン協会とタイアップして

パソコンや 書道 スケッチ 基礎デッサン等々の

短期講座も開かれます

 

3月のスケッチ講座 小学生も参加し応援に行きました

 

 

未来に生きる子どもたちに伝えねばならないこと

知っていることを 知りたい人につたえたいこと

 

今を生きる人々も 古代からの叡智を順送りに伝えられ

想像さえしえなかった世界に生きています

それが幸せなのか そうでないのかわからない

でも私たちは「傳えねばならない」と思うのです

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:43 | category: デザイン書道 |
# 感動すること

奈良県防衛協会 自衛隊音楽定期演奏会

平成初め制作のロゴ

 

 

東大阪市民美術センターといえばご存知ないかもしれませんが

あの花園ラグビー場の一角にあります

「はしもとみおの世界展 木彫りどうぶつ大集合!」に行きました

 

みおさんの動物に対する感動が

しっかり伝わってきます

はしもとみおさんは1995年 15歳の時阪神・淡路大震災を

経験し 近所にいた動物たちの生と死を

見つめてきた動物肖像彫刻家

 

芝生の陽だまりに 寝転ぶ猫や犬たち

 

久しぶりに家族と出会うように 膝をついて

向き合う来館者

 

木彫りなのに羊のふわふあ感が見事です

 

 

あっちもこっちも木彫りの動物ばかり

大きいのから小さいのまで いっぱい〜 

 

 

展覧会に誘ってくださる方があったのですが

日程の折り合いがつかず 一人で出かけました

平日でしたが大勢の方が来館されました

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:22 | category: デザイン書道 |
# 令月〜

令月 =2月の異称で何をするにもよい月

 

 

篆刻を習っていた頃 2月の異称を教わりました

如月 爽鐘 中和月 仲陽 跳月 麗月 ・・・

冷え込んだり 暖かかったり 陽の光が明るかったり

時々でその言葉の意味がが感じられます

 

凍てついた後 日差しにつられ一気に芽を出すチューリップ

 

 

 

 

菜花が食べたくて 庭先に植えた小松菜が順調に育ち

この冬大活躍  ちょっと食傷気味です

 

 

寒い中住宅地の周りを歩くと 農園が広がっています

可愛いカラスの 案山子です

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:18 | category: デザイン書道 |
# 節分の鬼

節分

 

 

春の兆しとともに 気分一新したいと

思います

 

4歳になる孫は1月半ばから鬼の面を

保育園で作っていて

「鬼さんいつくるの?」と

大変怖がり

 

孫を含め背丈もある頑強そうな

二人が 未だ鬼を怖がっていると娘から

聞いていました

 

赤いパーカーを着て鬼の面をかぶり

鏡の前で何度も納得しても

大きな鬼が怖いのだといいます

 

2月1日の金曜日 保育園は豆まきで

朝から「行きたくない」とゴネ

どんな事態になったかと興味津々でした

 

夜になって電話をすると

「机の下に逃げて見ていたら鬼は園長先生で

一つ上の年中さんが新聞紙で作った大きな豆を

鬼に投げていたから 来年は大丈夫」

と聞きホッとしました

 

明日は立春 元気な春が来てほしいです

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:11 | category: デザイン書道 |
# 平成が始まった日

 

表彰状・感謝状・卒業証書や巻紙の祝辞や答辞などを書き

感謝状で長いものは全文で350文字 祝辞や弔辞は

1400〜1500文字もありました

 

 

 

昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御され

翌1月8日から平成は始まりました

当時は 筆耕職で 元号が変わるということで 

元号部分を空白にした賞状を 納期寸前まで

手元で預かっていました

 

小渕さんが「平成」と書かれた新元号を

発表され 新年早々でしたから出初式の

賞状に「平成」と書き込むのですが

あらかじめ書き込んだ日付の一番上に入れるのに

苦労した覚えがあります

 

また小学6年生が各自手漉きした和紙の卒業証書も

持ち込まれていて ボコボコした和紙に手書きで

書き込んだのも懐かしい思い出になっています

 

それが平成の始まった日の 記憶です

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:17 | category: デザイン書道 |
# やさしい寒波

寒入りしたとはいえ 日の光は明るく

気温も高く 3月初旬のような気分

 

 

家族が揃う年末年始は

楽しい反面 多忙を極めます

その一大イベントも終わり

今日は七草粥 我が家はこれからが

のんびり新年といいましょうか

年末にやり残した作業を再開中です

 

 

小筆で表紙を作ったのですが 中身は萱沼先生の

これ以上の美文字の本はもう見つけることは

できないと思える

「ペン字の書き方字典」

これをコピーさせていただき 本当に美文字を

求めている知人に見て貰い そしてこの美しい文字を

習って欲しいと思っているのです

 

 

ペン字本は最後になるにつれ 行書で萱沼先生の

気品ある流麗な世界が広がっています↓

パソコンも存在しない時代の編集で

少し曲がったり 汚れがあったりしますが

レコード盤のノイズみたいな感じがして

温かさを醸しています

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:17 | category: デザイン書道 |
# 明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます

平成最後の新年が幕開けしました

 

昨年前半は

順調に進みましたが

後半は少々波乱に満ちていました

今年は落ち着いて のんびりゆったりと

過ごしたいと思っております

 

本年もよろしくお願いいたします

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:27 | category: デザイン書道 |
# 年末の慌ただしさ

ふと気がつくともう年の瀬 

来週は新年です

 

PCがウイルスに感染していました

メールはできるのですが Safariを立ち上げると

ややこしい表示が出て クリックするとますます

窮状に追い込まれ お手上げ状態でした

 

長年サポートをお願いしている方に 来ていただき

先日やっと解決 すっきり動くようになりました

 

思えば8月末の帯状疱疹からでした

春先から約束したグループ展が この秋4件

11月中旬は東京で孫の七五三 そして12月は

福岡久留米での結婚式と

行事が続きました

 

痛みが軽減したとはいえ 未だ帯状疱疹は 

完治しません いろいろ情報がはいり

2年くらいは治らないよという 経験者が

結構多いということがわかりました

 

こうなれば覚悟を決め 向き合っていくしか

ありません

 

 

3年ほど前から 年賀状の宛名は

手書きを心がけています

顔を思い浮かべながらの作業は 

以外と楽しく 2〜3日で完成しますが

年内納品の仕事が終わってからになります

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:29 | category: デザイン書道 |
# 月のあかり展は盛況

「月のあかり展」は作家18名が テーマに沿って

思い思いに制作した逸品です お馴染みの方は

早々と訪れられ 購入されました

 

とても手に入らないような材料で メルヘンチックな

オブジェを制作される参加者もいらっしゃいます

 

 

わたしのはこの2点 小川和紙の故 関根さんの貴重な

和紙を使わせていただきました

会場はあかり効果を狙って 薄暗く

観覧の方も次々来られ なかなか撮影できません

 

 

童謡 月の砂漠

 

 

アメリカンカントリーソング

谷間のともしび

 

白いぶくぶくとした和紙を見ると

あったかくご親切だった関根さんを

思い出します

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:28 | category: デザイン書道 |
# シゲちゃんの思い出

 

 

近所の保護犬 シゲちゃん

 

夕方近所に伺うと このシゲちゃんのことを書いた

社内報を見せていただきました 娘さんが

思い出として投稿されたのです

 

26〜7年前の出来事です 

天理市で 飼育できなくなった犬を 高齢の方が

引き取ったまま病気でお世話ができず その後放置されました

 

70~80頭ほどの犬たちを 大和郡山の保健所が 

全国に呼びかけ 新しい飼い主を

探しているということで 新聞やTVにも報道されました

 

近所の動物好きでやさしいNさんは 最後に残った

何頭かの中の それも一度引き取られ 返された

シゲちゃんを 引き取ってこられたのです

 

シゲちゃんは4〜5日も経たないうちに 散歩に出かけた先で

開いたジャンプ傘に驚き 紐をつけたまま 一目散に走り出し

行方不明になったのです

 

手分けして探したのですが見つからず

やっぱり居着かなかったのかと

思っていたら 2〜3日後の夜明けに

ひとりで戻ってきて 近所中安堵しました

 

シゲちゃんという名は保健所でつけられた名で

風貌が長嶋茂雄さんに似ているからとのことで 

シゲちゃんが惑わないよう馴染んだ名で 

N家でも そう呼ばれました

私はずっと シゲでなく茂ちゃんと思っていました

 

その後何年か平穏に暮らしていたのですが

ある年の10月初旬に また行方不明になったのです

首輪を 残したまま

 

N家では ありとあらゆる方法でシゲちゃんの広報をし

ご家族はどこへ出かけるのでも シゲちゃんの大好きな

餌と 首輪を持参され 消息の連絡があれば

すぐに対応されました

 

側で見ているこちらも 心が痛みますが

奥様の憔悴様は限界を超えていました

 

暮れに見かねた娘さんから 子犬を

プレゼントされました

 

 

開けてお正月 2日か3日の日です

宝山寺へおまいりしようと 車を止め

ケーブルの駅まで歩いていた時です

出会った犬に 思わず「茂ちゃん」と

声をかけました シゲちゃんにそっくりです

随分やつれて ボーッとして自信なさげですが

呼びかけに反応して ゆっくり不思議そうに

振り向きます やっぱりシゲちゃんに違いありません

 

N家に連絡するとご主人が急いで車で駆けつけて

こられました 

「オイ シゲ!!! どこに行っとったんやあ」

 

元気なくぼーっとしていた シゲちゃんの

心にこの声が届いたのです

急に尻尾が キュ! キュ!と巻き上がり

目がキラリと光りました 感動の再会でした!

 

シゲちゃんは1週間ほど前から この路地の

おばあちゃんに 餌をもらっていたのです

首輪もなく こんな高齢になって 捨てる人がいるなんて

残酷や〜〜と おっしゃったのですが

どんなに探していたかを お伝えしました

 

その後シゲちゃんは N家に戻り 新人の

子犬と仲良く幸せに暮らしました

今ではシゲちゃんも 新人の子犬も

天国へ行ってしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(2) | trackbacks(0) | 16:17 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links