デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 「旨い字が描きたい」スライドトークショー

Slide-Talk Show 描きたい…

 

 

神谷利男デザイン株式会社 大阪事務所さんで

「旨い字が描きたい」の本についての

トークショーの場を設けていただきました

 

社員の方はじめ 関連のお取引先の方々も

お集まりいただき 会食をしながら

楽しく話させていただきました

 

文字の歴史から

甲骨等に刻まれた文字 青銅器等に鋳込まれた文字

木簡や竹簡に書かれるようになった文字 

速書きの必要性から発明された 平安期の仮名文字

文字が書く対象によって 形が変遷したこと

 

その後「旨い字が描きたい」について

デザイン書道の先生は 指示をくださる

デザイナーさんが 先生だと思っている話

 

力強い文字だったら 

ラガーマンの五郎丸さんだったら 

こんな文字ではないかと

想像しながら描くという話や

 

カッコいい粋な文字だったら

岩城滉一さんが描かれると 

こういう風ではないかと

想像しながら 描く話をしました

 

作品の「龍神」 

これは仲間内の展覧会で 

20年以上昔 出展した作品で

あまりにもデフォルメしすぎて

恥ずかしいサンプルだと 話すと

 

お若い世代は これがいいのだと

言ってくださいます

嬉しいような 恥ずかしいような気持ちですが

時々交流しないと わからないことだと思いました

 

 

事務所はこの4月に入社の方が多く

満員状態でしたが みなさんとても楽しく

質問や 感想をお話しいただき

あっという間に時間が過ぎてしまいました

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:27 | category: デザイン書道 |
# デザイン書道の基本

講座 4月の手本

 

 

蘭亭序の読み下し文

20代の頃購入した 王羲之の蘭亭序の和綴じの本には

読み下し文が付いていました

 

 

2月から始めた講座は6回目を迎え

みなさんの事情に合わせ 月1回の方もあり

自由な雰囲気で進めさせていただいています

 

デザイン書道を生活に活かすのみでなく

仕事にしたい方も 応援したいし

墨や筆を使い 日本の伝統文化を 次世代へ

伝えていっていただく方になってほしいとも思ってます

 

色々迷いながら できるだけ受講生の方に即した

内容にしていきたいと思うばかりで

アレヤコレヤ盛りたくさんになり

焦点が定まらない状態でした

 

デザイン書道といっても基本は

やっぱり楷書行書隷書 これはしばらく

手慣らしでも続けたいと思っています

 

また20年ほど賞状も書いていたので

その世界にも進んでほしいと思っています

いっときパソコンに席巻されたホテル筆耕も

手書きが見直されているとも聞きます

 

子供の頃の稽古 筆耕として培った

宛名書きや 賞状の仕事

カリグラフィーの文字も 納得いくまで

書き込むとすぐに100枚くらいの半紙はあっという間に

なくなります

 

目習いも大切ですが

書いて 描いて 書き込む以外

たくさん経験すること以外 上達の道はないのです

 

バレリーナの絵を描くドガが 若き日 絵の上達法を

巨匠に尋ねると「たくさん線を描くことだよ」と

言われたと聞きます

 

しばらく模索は続きますが

頑張っていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:52 | category: デザイン書道 |
# スマホでtolk

tolk

 

4月の初旬4〜5日 東京へ行きました

桜が満開で 気温も程よく学校は春休み

京都から乗る新幹線は 海外からのお客様でほぼ満員

 

窓際の席を予約したのですが

巨大スーツケースを押す人で 通路は

通行困難状態でした

 

通路側に掛けていたのは

20代のすらりとした ヨーロッパ美人

スーツケースを 窓際に置いてOKと

言うのですが 彼女は遠慮気味

 

そんなやり取りの後

彼女からチョコレートつきの ビスケットを

「どうぞ」ともらったのです

 

会話といえばただ単語を並べるだけ

すぐに行き詰まり 英会話力のなさが

情なくなりました

 

そのうち彼女は 日本語で書かれた

「どこまで行きますか?」とスマホを見せてきます

スマホに簡単な翻訳機能があるのですね

 

彼女はソ連崩壊の後 オランダに移り

イギリスで金融の仕事をしているそうです

辛い時期もあったんだろうなと

察せられました

 

韓国を旅行し 京都から東京へ移動中とのことで

桜が見事だったと興奮気味でした

 

京都の前の都が奈良で 京都の隣で

そこに住んでいるとか

長年 カリグラフィーの仕事をしていること

カリグラフイーは文字で 絵ではない

 

すると彼女のスマホから

「大したものではない」???との返事

 

バッグから小さなノート取り出すと

伏見稲荷の赤い鳥居前で着物姿の 彼女が

スケッチに描かれていました

他にもスケッチはたくさん

 

日本人みたいに 自分の描いたスケッチを 

謙遜していたんだとわかりました

 

そんなこんな会話をするうち

新幹線は品川に着いてしまいました

旅の無事を祈って 別れましたが

 

楽しく簡単なスマホtolkでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:28 | category: デザイン書道 |
# アルプスの少女ハイジ

「アルプスの少女ハイジ」のTVアニメは

当時の日本中の子供達の心を捉えました

 

それに関わられた高畑勲さんが先日亡くなられました

1974年にこのアニメは発表され

何度も 再放送されていた覚えがあります

 

原作以上に内容が高められ 膨らんで

大変な名作だと思ったものです

 

子供の幼稚園時代の 手作り手提げバッグ

一生懸命ハイジのアニメや 絵本を見て作りました

子供以上にのめり込んでいました

 

 

私が小学生の頃の 楽しみといえば

学校の図書館の読書 確か講談社から出ていた

「世界少年少女文学全集」

立派な箱本にハードカバーの表紙でした

ハイジを始め 小公女や小公子 宝島 ロビンソンクルーソー

アンクルトムケビン 秘密の花園 乞食王子・・

 

中でもこのアルプスの少女ハイジは大好きで

何度も何度も借りて アルプスの山で

クララが立ち上がり 歩き出すシーンには

いつも涙したものでした

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:10 | category: デザイン書道 |
# 緊張しすぎ

うちわ撒きの文字が硬い

 

唐招提寺で毎年5月にうちわまき梵網会(ぼんもうえ) 

唐招提寺中興の祖 覚盛上人の御忌法会に

「うちわまき会式」が行われます

 

そのうちわの文字を書かせていただくことのなったのです

サンプルでいただいたのが あの巨匠 東山魁夷さんのうちわ

それには 長屋王の詩の一節「風月同天」が描かれています

 

1月に預かり どんな内容にしたらいいのか

迷ったのですが 座右の銘のように

よく描く「楽在其中」と「木鶏」に決めました

 

墨をすり 指定のハート形で試してみたのですが

緊張します 時間に余裕があるので

もう少しリラックスした文字にしなければ・・

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:21 | category: デザイン書道 |
# ハナミズキ 満開

  

3年ぶりの花水木 

 

 

ハナミズキは日本の桜の返礼として 

アメリカからやってきました 

 

今や日本中に定着し 白いハナミズキは 

阪神大震災の鎮魂の花としても

あちこちで植樹されました

 

 

 

花の後 急速に伸びる花水木を剪定をするとしばらく

咲きませんでしたが 今年は見事です

 

 

 

 

東京から戻ると花盛り

黄色や白のチューリップは先週の暑さで 散ってしまいました

 

 

昨年200輪以上花をつけた椿は 枝を剪定しすぎ

今年はちらほら咲きですが 大輪の花をつけました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:22 | category: デザイン書道 |
# 桜満開

 

連日の高温で桜が散り始めました

昨日の夕方 あすか野の南北を連ねる遊歩道を歩きました

 

満開の桜と青空

 

見応えある!

 

5年ほど前に植えられた枝垂れ桜

順調に成長しています

 

散り始めた桜の花びらが 綺麗

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:51 | category: デザイン書道 |
# ならまち村ギャラリーの書展

正峯書情展

4月2日まで

 

「なら大好き歴史講座」の前に

ご案内いただいていた書展に行きました

 

毎年開催されているのですが

この時期は春休みで 留守にすることが多く

今回初めて拝見しました

 

長年小学校の先生をなさった方で

ご自分の言葉を 自由に 楽しく

多様な表現で展示されています

奥様の手作りの作品ともコラボで 

とてもあったかい雰囲気です

 

板や石に 書を彫られているものは

見応えがあリます

 

ご覧頂きたいです〜〜

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:04 | category: デザイン書道 |
# パンダは白浜にもいる

Pannda

 

東京ではパンダを見るのも大変だといいます

この春小学校を卒業した長女の孫を連れ白浜に

行くというと 二女も3歳の孫を連れ

見に行きたいと言います

 

それぞれの事情に合わせ先週土曜日

白浜に集合しました

 

白浜サファリパークではパンダの生育状況良好で

中国から貸し受けたバンダにたくさんの

子供ができました 

 

上野動物園のシャンシャンは

東京という地域柄 全国版のニュースで

取り上げられ脚光を浴びますが

白浜の場合 そうはいきません

パンダのみのことではないのでしょうが

 

昨年まで白浜には7頭いましたが

2頭は返還し 現在は5頭

陽だまりでのんびりとした姿が

来園者を和ませます

 

 

一生懸命 お昼寝中

 

園内の移動バスで サファリを巡ります

 

舞台の上に 上がったイルカたち 愛嬌たっぷりです

プールの向こう側の空間は 白浜飛行場の滑走路

東京からも便利なところです

 

イルカショーは 1日に何度か行われますので

その時間帯に合わせ 集まりました

「水がかかります」との注意書きがあっても

夏と違い イルカもとんでもないいたずらは

しません 

 

 

翌日も朝から晴天 初夏の気温です

 

千畳敷

 

3世紀頃の砂岩が 長年侵食され出来たそうです

 

三段壁 エレベーターで潜るのですが

娘たちだけが行き その間一休み

 

何をするにも 大勢で幼児もいるので

時間がかかりますが 全てのんびり ゆったり

久しぶりの 家族旅行でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:55 | category: デザイン書道 |
# 春爛漫の歴史講座

 

春爛漫

 

満開の馬酔木 

 

朝から5月のような陽気で 古代ヤマト講座の会館近くは

一瞬にして花盛りになりました

 

まだ香りませんが 沈丁花

 

 

大通りから一筋入ったお屋敷のヤブツバキ

楚々として 凛として

 

 

桃と 枝垂れ梅でしょうか 見事です

 

蝋梅?かなあと思うのですが

 

古代ヤマト講座はいつの間にか

「奈良大好き歴史講座」となり 新しい受講生のために

入門講座が9回にわたり特別に開講されます

 

2015年1月から受講していますが

初期のところが抜けていて

これからやり直しです

 

本日はその1回目が午後1時から

午前中はいつも通りで「万世一系天皇の真実

中世近世の世界を学ぶ講座」と 86歳の先生は

どちらも熱く講義され 圧倒されます

 

最近歴史は新たに発掘されたり

科学的にも検証できることが多く

新たな展開を見せていて

とても面白いのです

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:26 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links