デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 「万年筆画を描こう」講座の中止 新型コロナウィルス対策

鳥獣戯画模写  

万年筆  PLATINUM セルロイドエメラルド 

インク  PILOT 松露

 

 

 

3月1日に開催予定の「万年筆画を描こう」講座が

中止になりました

 

新型コロナウィルス対策で 奈良市の施設である

なら工藝館では 市とも連携・検討の上

中止が決定し 同館から参加者に連絡がなされました

 

お子様も含め 20名もの参加が見込まれていただけに

残念の声も多かったようです

来期になるのですが 都合がつけば開催をお願い

するということで 今期の「なら工藝館」での

奈良デザイン協会協力の デザイン講座は終了となりました

 

あっという間に世界に蔓延した 新型コロナウィルス

人や物の行き来がストップし 世界中の経済への影響が

しばらくは深刻になりそうです

 

今日は奈良での「日本の書展」や「田中一光展」の

鑑賞も取りやめ 静かにしています

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 15:19 | category: アート |
# 「 K・U・J・I・R・A」 第28回 油絵展

ご指導の先生の作品 暖かくてモダン

 

ARTCENTER 「K・U・J・I・R・A」展 第28回

令和2年2月14日(金)〜16日(日) 午前11時〜午後7時

最終日16日は午後5時まで

会場 小大丸画廊(小大丸ビル3F)

 

久しぶりに心斎橋まで行きました

 

広い会場に油絵作品がたくさん展示されています

 

ご家族への想いが伝わる作品や メルヘンチックな作品に

魅せられます 子供の頃夢中になったロビンフットの

物語では?と思える作品もあって 心浮き立ちます

 

油絵は昨年から習っていると伺いましたが 子供の頃からその道を

歩まれた方の迫力はハンパ無い〜〜

神谷利男さんの時代風刺的な作品 

人柄と相まって 思わずクスッと笑いが出ます

 

左 レストランのお客様も ウエイターも

調理人も(あり得ないのですが)スマホをいじり中

 

スマホに写された 好物料理の数々

アリアリ! と思える作品です

 

右 天海祐希さんを思わせる美女

大胆なタッチと 補色の色使いが

油絵のよさを引き立てているようだと思いました

腕の白いタッチは 力強い筋肉

キャリア女性の風格です

 

日曜日までです〜

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 23:51 | category: アート |
# 人気の「万年筆画を描こう」講座

 

講師 神谷利男先生

ホームページ    Toshio Kamitani Design

 

パッケージデザインを手掛ける

神谷利男デザイン株式会社代表の

デザイナー神谷利男さんが 初心者でも楽しく万年筆画を 

描けるように教えてくださいます

 

日 時 2020年3月1日(日) 午後1時半〜3時半

場 所 なら工藝館 TEL 0742−27−0033

    〒630-8346奈良市阿字万字町1-1

参加費 1,200円 小学5年生以上〜大人まで

持ち物 お手持ちの万年筆 鉛筆 消しゴム スケッチブック

    画題として 文具・果物・野菜等・動物は写真で

 

申し込みは上記にハガキか なら工藝館HPでチラシをダウンロードください

 

 

神谷先生のペン画作品

頑張れ熊本〜 応援のために描かれたクマ

クマが本(モト)を読む 〜〜クマモト〜〜

 

ひとふで描き

 

 

小さくて見づらいですが お店のロゴ入り紙ナプキンと 

箸袋に描かれた万年筆画 ・・・神谷利男さん展覧会より

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 23:07 | category: アート |
# ねこアール展 ねこ好き集まる〜

 

〒606-8352 京都市左京区二条通り東大路西入ル

(北門前町 478-5) TEL:090-6916-5353

mail: toyoda.sigeko@ares.eonet.ne.jp

 

 

今年の春先 幾つかの展覧会に誘われ

「わかりました〜」と気軽に返事をしたのが

11〜12月に集中し 作品作りにあたふたしています

 

グループ展といっても 大勢の方が参加する

展覧会は作品も1〜2展で気持ち的にはとても

ゆとりがあります

 

それをいいことに のんびり構えていたのですが

と言うより 切羽詰らないとアイディアは

浮かんでこないのが常です

 

名うての猫好きの集まりということですが

私がねこと過ごしたのは 生まれてから

嫁入り前まで

 

ですがねこの姿や振る舞い

尻尾の動きや 鳴き声 その気持ちは誰よりも

よくわかっているつもりでした

 

期末テストに真剣に取り組んでいると

広げたノートの上にどーんと寝転ばれたり

寒い夜は湯たんぽのごとく寄り添ってくれたり

思えばねこに育てられたような気もします

 

そんな私の作品「ママひとやすみ」です

ザルの中の子猫の真上でひと休みのママねこを

一閑張で作りました〜↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:33 | category: アート |
# 万年筆画展の作品

 

 

11月16日(土)スタートした万年筆画展ですが

遠距離なのでなかなか会場には出かけられません

 

額にはアクリル板があり 撮影は光が入り

うまくいきませんが写してきました

 

神谷利男先生作品

ペンのサメが スイマーを狙っています〜

 

 

神谷先生 ゴッホ自画像のペン画

インクの流れが特徴的

 

9月から参加されたばかりのTさん

あまりにも素晴らしく 唖然と見惚れています

 

 

一筆書き タツノオトシゴ 

 

Sさんは さらりと仕上げられるのですが 

緻密な設計にいつも驚きます

 

 

テーマ 動物

 

優雅なYさんは いつも優しい線質で

憧れです 

 

 

以下は弊作品

殆ど教室でしか描く時間がないのです〜

 

課題1

フランスパンの点描

 

「外バリッ 中ふぁあ〜」

のつもりで描きました 

・・・だけで書くのはとても大変 特にふあっと感のある

切り口の空洞ですが 蓮根のようになってしまいます

 

 

課題2 動物 

チーター一家

 

母の守り堅く 辺りを見渡す鋭い目

尻尾の先まで緊張が走ります

子供達も足元で 警戒してます

 

 

課題3 城

 

姫路白鷺城

石垣はこの程度で〜〜

先生のアドバイスでした

何事も8割り程度がホッとするのかもしれません

 

 

課題4  一筆画

ブームの猫

 

まず形を整え 1本の線でスタート

途中行ったり来たりしながら繋げていきます

かなりの遊び心が要求されますが 

残念なことにありません

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:08 | category: アート |
# 第6回万年筆画展 於:アートスペース柚YOU

 

 

 

 明日から万年筆画展が始まります

 

 

〒606-8352 京都市左京区二条通東山通西入ル(北門前町478-5)

TEL:090−6916−5353

E-Mail: toyoda.sigeko@ares.eoneto.ne.jp

雑多な用事で多忙を極めているうちに

万年筆画展が明日からはじまります

 

昨日は義姉を見送り福岡でした 

先週 簡単な入院加療をし

治療したりしているうちに

お知らせが遅くなってしまいました

 

新しいメンバーの 個性的な作品もあり

とても楽しみな展示です

 

京都ですが 辺りは名勝旧跡の紅葉シーズン

おついでがございましたら

覗いてみてください〜

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:10 | category: アート |
# 現代和みアートフェス 暮らしのRE-USE

 

鰻の寝床みたいに入り口を入ると深く広がる

奈良町にぎわいの家

 

読売新聞 金曜日 Event 欄より

 

小さな新聞記事でしたが 神様のお引き合わせ

見えたのです!

 

ネットで見かけた八重柏冬雷さんの素敵な作品を

拝見したいと訪ね 撮影OKということで

写させていただきました

 

山頭火の句が 現代アートで表現されています

右から 〜けふもいちにち風を〜

ム ムつかしい・・・

 

「愛」 なーんとなく漢字の愛に見えます

 

立派な床の間だと思いましたが

もしかしたら仏間だったかもしれません

 

 

どちらも花鳥風月?

 

この部屋は ヨーロッパ系の団体の方が 座して

おくつろぎ中で ガイドさんが英語で一生懸命説明

遠目にしか拝見できず残念でした

 

富岡珠子さんのワイヤードローイング

 

 

近寄ってみると 影が見事な演出をしていました

 

 

三枝 聡さん

 

色々な素材が組み合わさって 平安朝を思わせるような

雅さと ピカピカ光る仕上げが今様かなあ〜

 

 

こちらもキラキラ雅 

 

それにしても豪勢な古民家には

床の間が沢山あります

 

 

タカハシ トモコさんの布コラージュ

 

幼い頃 端切れを集め

人形遊びをしたことを思い出しました

自然素材の布ってあったかい〜〜

 

 

近鉄奈良やJR奈良駅近くの商店街は

海外のお客様で いっぱいですが

最近はこの辺りの小さな路地にも 

クールな奈良を愛る人で 

賑わうようになりました

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:44 | category: アート |
# 106歳を生きる篠田桃紅展 静寂の中で

106歳を生きる 篠田桃紅展   パンフレットより

とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち

 

 

会期 2019年8月1日(木)〜10月14日(月・祝) 午前10時〜午後5時

場所 香雪美術館 神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1

電話 078-841-0652

主催 香雪美術館 朝日新聞社

 

街角で見るロゴや ホテルやレストランで見かける額装された作品

雑誌やTV企画等で取り上げられる 篠田さんの凛とした生き様や作品

多くの方々の憧れを集め 106歳の今なお現役の

超がつく方の作品を見にいってきました

 

 

阪急御影から徒歩5分 森が見えてきました

森を囲う塀は 風雅な丸石積み

 

 

角を曲がると 右も左も ずっと素敵な石塀

どんな美術館なのかと ドキドキします

 

 

見事な入口

 

 

門を入ると閑静な和風庭園があり 

赤い和傘と ゴザを広げた縁台が設えられていました

階段を昇ると入口です

 

 

スケートの羽生結弦さんで有名になった

弓弦羽(ゆずりは)神社はすぐお向かい

 

どんどんではありませんが参拝者が 次々と訪れます

 

 

サッカーでしょうか スポーツに関連した神社のようです

 

お参りして帰りました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:24 | category: アート |
# サカナヘンノヒトタチ展2019

サカナヘンノヒトタチ展

 

千葉流山 EAST展に続き WEST展は

阿波座の江之子島文化芸術センターで

本日まで開催されていて 昨日は

出品者が3分間で 作品の経緯を説明する

ライトニングトークショーでした 

 

例年魚釣り好きのヒトが集う 楽しい展覧会で

趣向を凝らした作品が多く魅せられます 

 

その一部を紹介します

長年の釣り愛好家の方で 家が2軒ほど買えるくらい 

お値打ちの竹竿時代からの 逸品を展示されました

手入れが行き届き 重厚感があります

 

若冲かなあ と見紛うくらいサカナの生態が

丁寧に描き込まれています

 

 

浮きブイと言うのでしょうか

ご家族での合作 ウキウキするような優しい作品

 

 

本業はカメラマンさん

流木で いろいろなサカナが表現されています

ヒレや尾びれは金属で スタンドはカットされた石

とても手の込んだ楽しい作品で見応えあります

 

 

油絵制作に没頭されるお世話役

神谷さんの熱い自画像

 

 

立派な軸装なのに  これは うなぎ〜〜〜  

出品者は ノコギリ奏者

 

網にかかった処分するような雑魚を

薬品で処理し 色付けされた作品 

宝石みたいに綺麗で 商品化されたものもあるそうです

 

 

小学生のご兄弟の作品 ルアー(擬餌針)

この子たちは多分生まれる前から参加してて

今回お兄ちゃんは トークショーのストップウオッチ3分計時役

弟君は打楽器で合図役

この音色がトークショーを大いに盛り上げました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:49 | category: アート |
# 第5回「万年筆で絵を描こう」展が始まります

 

第5回 万年筆画展

開催日:2018年11月3日(土)〜11日(日)

時間  12:00〜18:00(月曜休廊)最終日17:00まで

会場  アートスペース柚YOU (地下鉄東西線東山駅から徒歩7分)

    京都市左京区二条通り東山通り西入ル(北門前町478-5)

電話  090-6916-5353

 

今年は会場を京都に移し開催します

 

遠方ですがご高覧いただけますと

光栄です

 

 

京都らしい風景や

 

大変だった 一筆書きもあります

文鳥です

 

 

名画の模写ではピカソにチャレンジ

 

先生はパッケージのデザイナーさんなので

ハウスザ・カリーに挑戦

 

本当は大好きな 鳥獣戯画を出品したかったのですが

名画は1点だけなので 見送りました

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:34 | category: アート |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links