デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝ドラ泣けてしまいます | main | ロゴ採用の連絡 >>
# 吉野山の桜

上の千本

 

 

下の千本 中の千本 上の千本と

下から順に咲いていく吉野山の桜はひと月に渡って

楽しめる 桜の名所です

 

急に思い立ち 水曜日に吉野山に桜を見に行きました

25年ぶりの吉野山ですが 風も冷たく寒く曇り空

 

電車・バス乗り継ぎ吉野山に着いたのは11時ごろでした

昔と異なりネットで吉野桜も世界中に拡散され

何度目かのインバウンドらしい通の方も見受けられます

 

中の千本でバスを降り 歩き始めると八重桜

 

 

民家の美しい枝垂白桜

 

この辺りの住所は

奈良県吉野郡吉野町吉野山

 

下の千本 中の千本はほぼ終わっていましたが

上の千本は今が一番の見頃と地元の方が言われます

 

 

 

 

休憩した コーヒー茶屋の90歳の女将さんが

見せてくださった裏山 見事でした〜

葛餅もおいしかった〜〜

 

毎年報道機関の撮影場所になっているそうで

この日もドローンをここから飛ばすのだと

 

お天気さえよければ桜の色がもう少し

鮮やかだったかもしれません

 

桜の花のピンク 新芽の赤 若葉の黄緑

それを取り囲む山々の濃い緑

この全景のバランスが古代から愛でられた

吉野の景色なのだと再確認しました

 

 

木立の間の白は 桜 桜 桜

 

 

散り始めていますが風情いっぱい

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:08 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links