デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 令和が始まりました | main | 唐招提寺のうちわまき >>
# 麗しい迎賓館赤坂離宮

 

前日回ったハトバスで 迎賓館が一般公開されていることを知り

雨の平成最終日 訪ねました

 

迎賓館は 外国からの賓客を接遇する 外交の場

明治期の建築・美術界の総力を結集して

東宮御所として建設され 国宝となっています

 

入館にあたっては 厳重な手荷物検査があり

館内は撮影禁止

 

 

ワクワクするような 塀に囲まれています

4歳の孫には 母親がソフィアのお城なのというと

他の説明は要りませんでした

 

前日のバスからの景色

 

 

玄関を入ってすぐの 大ホール  パンフレットより

 

目にも鮮やかな真紅の絨毯 イタリア産大理石

黒い部分は昭和の大改修で張り替えられた

宮城県産の玄昌石

まるでソフィアのお城みたい 

 

朝日の間 パンフレットより

 

要人の表敬訪問や 首脳会談が行われる朝日の間は

国賓が天皇皇后両陛下とお別れの挨拶をされる

もっとも格式の高い部屋です

 

他 彩鸞(さいらん)の間 羽衣の間 

晩餐会が催される 花鳥の間

 

迎賓館は 紀州徳川家の江戸中屋敷の地に

10年の歳月をかけ 明治42年に東宮御所として建設

当時の一流の建築家や 美術工芸家が総力を挙げ

建設された 日本唯一のネオバロック様式の

西洋風宮殿建築です

 

折あらば ぜひご覧いただきたい建築物です

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:43 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/1017
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links