デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 唐招提寺のうちわまき | main | 名古屋城本丸へ >>
# 會津八一の不思議 於 奈良ホテル

會津八一の不思議 甦る南京新唱

 

墨のかたち 柳澤 魁秀

1960年新潟県長岡市生まれ

FIFAワールドカップ公式エンブレム制作をはじめ

世界各国の美術館に 日本代表作家として招待参加

 

土のかたち 藤ノ木土平

1949年新潟県十日町生まれ

唐津焼に魅せられ 1980年唐津市鎮西町に窯を開く

茶陶では現在最も評価の高い作家

 

令和元年5月30日(木)まで 11時〜18時

於  奈良ホテル 大和東の間

主催 ぎゃらりい81(やいち)

後援 奈良市 新潟市

 

 

會津八一を深く敬愛する

新潟人のアーティストが二名

それぞれの「かたち」で表現されました

 

會津八一さんといえば 20代の頃書道で 

その詩を「現代書」として何度も

稽古した覚えがあります

 

 

新潟の書家 柳澤魁秀さんからご案内いただき

奈良ホテルに行ってきました

柳澤さんの書・篆刻・水墨画  

藤ノ木さんの陶芸も 素晴らしいの一語に尽きます

 

木曜までですが ご都合よろしい方

ぜひお訪ねください〜

 

柳澤さんと作品 

 

柳澤さんと知り合ったのは20年くらい前でしょうか

会員のSさんに紹介していただきました

お若い頃から 書や篆刻のセンスも素晴らしく何度か

落款も刻っていただきました

 

彼の思いっきりの表現に みなさん魅了されることでしょう

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:36 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/1019
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links