デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 奈良GALA表彰式 | main | IKOMAサマーセミナー  >>
# 孟秋の松濤

松濤(しょうとう)=松籟(しょうらい)

孟秋(もうしゅう)=7月の異称で秋のはじめ

 

松風の音を波の音にたとえていう言葉を

松濤というのだそうです

 

あるお茶席の床の間に掛かっていた言葉が

素敵で色紙に書いていわれたのです

「孟秋」の印も刻ったのがありましたので

表書きに「己亥夏至後九日 松濤」と入れ

お渡ししました 

 

色紙にも日付を入れたら良かったなあと

後で思うことでした

 

白砂青松の地で育ち 防風林として植えた

松林を通って海岸へ出たものです

冬になると松風の音か 潮騒の音なのか

轟々と聞こえたことを思い出します

 

本来は松風って爽やかなそよ風なのでしょうか

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:43 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/1023
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links