デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 生駒サマーセミナー「令和」を筆で書く | main | 懐かしい神湊 >>
# 106歳を生きる篠田桃紅展 静寂の中で

106歳を生きる 篠田桃紅展   パンフレットより

とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち

 

 

会期 2019年8月1日(木)〜10月14日(月・祝) 午前10時〜午後5時

場所 香雪美術館 神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1

電話 078-841-0652

主催 香雪美術館 朝日新聞社

 

街角で見るロゴや ホテルやレストランで見かける額装された作品

雑誌やTV企画等で取り上げられる 篠田さんの凛とした生き様や作品

多くの方々の憧れを集め 106歳の今なお現役の

超がつく方の作品を見にいってきました

 

 

阪急御影から徒歩5分 森が見えてきました

森を囲う塀は 風雅な丸石積み

 

 

角を曲がると 右も左も ずっと素敵な石塀

どんな美術館なのかと ドキドキします

 

 

見事な入口

 

 

門を入ると閑静な和風庭園があり 

赤い和傘と ゴザを広げた縁台が設えられていました

階段を昇ると入口です

 

 

スケートの羽生結弦さんで有名になった

弓弦羽(ゆずりは)神社はすぐお向かい

 

どんどんではありませんが参拝者が 次々と訪れます

 

 

サッカーでしょうか スポーツに関連した神社のようです

 

お参りして帰りました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:24 | category: アート |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/1027
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links