デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 懐かしい神湊 | main | 現代和みアートフェス 暮らしのRE-USE >>
# 未来のフォント

円盤の中は文字パーツ

 

これだけのパーツで多様なフォントができる!

先日そんな講演を聞きました

 

所属していたタイポグラフィ協会の緊急連絡があり

自動的に文字が書かれるAIを研究開発している

3人組のオランダのタイプファウンダリー

「Underware」の大阪でのワークに参加しました

 

 

↓Underwareの instagram

https://www.instagram.com/p/BqyAJ5xBO9D/?utm_source=ig_web_options_share_sheet

 

フォントの制作を諦めた私には関係ないと思いながら

AI進化に伴って文字はどんな風に変化するのか

ということに興味もありましたし

 

会場が阿波座で何度か訪れた

江之子島文化センターのお隣で

勝手がわかる場所でした

 

英語に似ているオランダ語は

西部委員長でオーストラリア人のDさんが通訳

はっきり言ってとても難しい内容で

理解不能状態でした

 

 

NHKの番組では 人工知能が

美空ひばりさんを蘇らせ 新曲を歌い上げました

そんな時代ですから文字も 人工知能が

新しい分野を 開発していく可能性は

大いにありと思われます

 

帰り際に理事のTさんが

「カリグラフィは これからも残りますよ!」と

声をかけてくださり ちょっと元気が出ました

 

書道 頑張れ!!!

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:12 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/1029
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links