デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 我が家の鯉のぼり | main | 5月の文字「わかば」 >>
# 二葉一成先生とのお別れの日

「山有漆=山に漆あり」
「山有樞」の詩 部分
過度の耐乏生活を非難する詩
 

山にあるのは樞(あきにれ) 沢にあるのは楡
あなたにあるのは上衣とはかま
それにそれをひきずりも着もしない
あなたにあるのは車と馬
それにそれを走らせも駆けらせもしない
うっとうしく死んで行ったら
よその人がそれで遊びましょうて

昨年の檀香会展の 課題でした
山梨の会員さんが 素敵な額に加工して下さいました

***************************

一昨日 旅先で二葉先生の訃報を受けました
連絡して下さったK先輩は 連絡の度
作日の会館でも 涙 涙でした

いつかこんな日を迎えないといけないのではと
社中のみんなが思っていました
昨年来 先生は体調を崩されたにも拘らず
本来の明るい性格で 何事もなかったかの
ような振る舞いで 篆刻講座にいらっしゃいました

竹を割ったようなご気性で
病状も会員に説明され

俺の身体の心配をして 気遣いは要らない
普段通りにやって欲しい 講座に行くのは
張りが出るんやと

強靭な精神力で 最後まで
門下生を率いて下さっていました

今月末には 中国旅行も計画され
「みんな行こうな」と声かけして下さっていました
来年も「檀香会やろう」といわれ 中西哲先生が
課題の漢詩も用意され 刻す担当も決まっていました

本当に先月も講座で何事もなくお話ししたので
今でも信じられず 茫然としています

生涯現役で 気高く 素晴らしく 誇らしい
本当に カッコイイ
二葉一成先生でした 

ありがとうございました











| comments(2) | trackbacks(0) | 12:04 | category: 篆刻 |
コメント
今日、みんなでとった写真が届きました。ありがとうございます。
先生と、毎日あってる訳じゃなかったから余計に、なくなったとは信じられない気がします。
今度のお稽古日に行ったらそこにおられるような、、。
ちょうどこの写真に写っている内山先生が引き続きご指導いただけるとか、なんとか続けていけそうです。
ありがとうございました。
コメント欄で失礼致します。
| 宮後浩 | 2012/05/10 3:56 PM |

奈良でも内山先生に引き続きご指導いただけることになり感謝しております。 今忙しすぎてよい生徒ではありませんが 頑張ります。
| asuka | 2012/05/10 5:54 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links