デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 額が完成!デザイン書道講座 | main | 11月の文字「森羅万象」 >>
# 万年筆講座 ペリカン・トレドは精巧工芸品
ペリカントレド.jpg
ペリカン・トレド

先の万年筆講座では 
kammy先生のペリカン・トレドを
描かせていただきました
手が出ない 高級で見事な万年筆です

見るからに 高度な技巧が施されています
このボディーは スペイントレドの伝統的な
精巧工芸技術の精神が生かされた
手作業によるものだそうです

こんなに上等な万年筆なのに
うまく書けなくて 先生に申し訳なく
思います
4さんま.jpg
秋刀魚

季節の課題では 秋刀魚を描きました
事前に買い 食べる前に しっかり現物を見
教室では その写真でのスケッチとなりました

今年の秋刀魚のアブラの のりが少ない!
と先生

温暖化のせいで 海水の冷え込みが
足りないのでしょうか
そういえば 今年何度か食べた秋刀魚は
胸焼けしませんでした






| comments(2) | trackbacks(0) | 23:19 | category: 書ヒストリー |
コメント
生き生きとしたさんまの絵、万年筆でこんなに素敵に描かれるのに感心しました。

ペリカントレド立派な万年筆ですね。以前トレドを訪れた時にこのような精密な技巧を見学したことを思い出しました。
| asuka-fune | 2012/11/05 10:14 AM |

asuka-fune 様

ありがとうございます ペリカン・トレドは万年筆というより工芸品です 精密な細工で驚きました 今後スケッチは色付けしていくのですが 今はしっかり見つめて 見つめてです 落ち着かないのでなかなか真剣に向き合えませんが 楽しい時間です
| asuka | 2012/11/05 10:24 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/535
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links