デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今月はやっぱり年賀状 デザイン書道講座  | main | 12月の文字 「楽在其中」 >>
# 祠に扁額がおさめられました
30正直不動尊.jpg
正直不動尊

このような祠を 大切に 祀られるお屋敷が
今なおあり 古都奈良の風情を
感じます

「すっかりきれいになりました」と
お手紙とともに 祠におさまった 
扁額の写真が届きました

**********************

暑い頃でした
昔 仕事で大変お世話になった方から 

敷地内に 掲げられる何かを
書いて欲しいと 
連絡を受けました

詳しいこともわからず 二つ返事で
簡単に引き受けてしまいました


何代前かの 当主 正直(まさなお)さんが
「正直不動尊」の 祠を建立され 
従業員の安全を 祈願されたそうなのです

そこに書かれた文字が 風化し 扁額を
架け替えたいとのことでした

板なので一枚もの 緊張しましたが
こうしておさまると
嬉しくなります




| comments(2) | trackbacks(0) | 21:56 | category: デザイン書道 |
コメント
こんにちは
初めてメールします
素晴らしい扁額ですね
板に書くのは大変な作業だと思いますが、神様がおられるような 少し緊張すら感じられます
奈良って こんなところがあって
イイですね。奈良人でよかった
| 西川 潤子 | 2012/12/02 11:57 AM |

西川様

初めまして!
ご覧いただきありがとうございます
木に直接書くのは 本当に緊張しますが
出来上がると ほっとします

奈良に住んでで32年 
奈良を歩くとその歴史の深さを感じます
これからもよろしく!


| asuka | 2012/12/02 11:40 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/543
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links