デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 百日紅 北斎の娘お栄さん | main | 1うまい字が描きたい! >>
# 万葉の恋 見てた
ムラサキ.jpg
2015.5.15 読売新聞より

春日大社境内の萬葉植物園で
絶滅危惧種のムラサキが咲き始めました

5弁の可憐な白い花は 古くから自生
この根は 古代の貴族の服を 紫色に染めるのに
使われたそうです

万葉集の額田王の
「あかねさす 紫野行き 標野行き
野守は見ずや 君が袖振る」
まさしく紫野には このムラサキがあったに違いありません

タイポグラフィックスティー241号 
平成17年7月10日発行 熊野担当記事↓
あかねさす.jpg
日本タイポグラフィ協会では 関西中心のメンバーで
「フォントで詠む万葉集」を特集

モリサワさんから提供された
漢字1000文字くらいのフォントで
それぞれが 好きなうたを選び 
自分流の解釈をする↓という企画

「枕詞から茜、紫草野の紫、野から緑と、カラフルなイメージがあり、
同語の繰り返し、袖振るという動きで、大変明るく軽快です・・・」



古代ヤマト講座で学んだことですが
額田王は 大海人皇子の元妻でありながら
大海人皇子の兄 天智天皇の妻になります

いろいろな深い事情がありそうですが
この歌は額田30代後半で 宴席の余興で
明るくふざけて詠んだと 解釈されているようです




 
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:28 | category: 古代ヤマト |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links