デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漢字はいつ伝わったのか | main | 瓦で作る鬼と福展 >>
# 漢字の使われ方のはじまり
B使い方.jpg
右 トヨミケカシギヤヒメ 
推古天皇

左 オオヤマトネコアメノヒロノヒメ
持統天皇

漢字がどのようにして使われ 変化していくのか
興味深いですが ぼんやりとしかわかりません

女帝の推古天皇は 料理がうまいお姫様
持統天皇はオオヤマトネコ家のアマノヒロノヒメ
そんな意味なのでしょうか

天武・持統天皇のころから2文字の諡号で
大王から​天皇といわれるようになります

国家としての礎が築かれ その記録への構想が 
古事記・日本書紀として編纂されます

稗田阿礼が天皇の命を受け 語り継いだことを
太安万侶がまとめていきます

漢字も音を繋いだものから その場にふさわしい文字が
使われるようになります

それにしても長い名前
きっと長いのは重々しく 立派に見えたのかもしれません




 
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:14 | category: 古代ヤマト |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links