デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 記念日2.22 | main | 「とめる」「はねる」細部にこだわらない >>
# 書道が大変
奈良教育大.jpg
やまとの戯墨塊 漉書展

奈良教育大学大学院 書道科1回生の方々の
書展に行きました

古典をしっかり学ばれ じっくりと書き込まれた
正統派の 展覧会で会場は清々しい雰囲気が漂います

「書道の先生になる方の展覧会ですよね」と
尋ねると みなさん笑顔です

でもよくよく聞けば 就職先は高校の書道科くらいで
小中学校では書道の授業時間も減り 教科の先生が
担当され 専門的に書道を学んだ方でなくとも
いいというのです
高校の書道科の先生といっても 大変狭き門

これだけの腕を磨きながら 社会で活かせないなんて
もったいない話ですし 今後の日本の書道に不安を覚えます

デザインの世界で生かす手もあると
お話ししたのですが これとて大変厳しい
世界です

そして行き着くところは 人口減
活気に満ちたあの時代に戻ることはないにせよ
なんとか手立てはないものでしょうか








 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:14 | category: 書ヒストリー |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links