デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 若き日の父の文字 | main | 夢瓦と書展 >>
# 夢瓦と書 コラボレーション展

 会期  10月1日(土)〜7日(金)10時〜17時

会場  東生駒ギャラリー宗

    生駒市東生駒1丁目386-1(近鉄東生駒駅から南へ徒歩3分)

    携帯:090−6753−3669

 

************************

 

奈良デザイン協会は 地場産業はじめ奈良県や市町村と

連携し新製品 新ブランドの立ち上げに協力してきました

 

その一環とし室町時代から続く瓦屋 株式会社瓦道さんと協力し

奈良らしいオリジナルな土産物を瓦で製作しました

 

「夢瓦」と書のコラボは2012年からですが

今回 奈良県大芸術祭参加ということで

新参者ですがお声をかけていただきました

 

過去作品がほとんどですが10点あまり

出品させていただきます

 

 

先週土曜日 夢瓦展の打ち合わせが 瓦道さんであり

初めて訪ねました

 

金色鴟尾は東大寺のミニサイズ

箱書きは 東大寺管長さんの故清水公照さん 洒脱な文字です

 

 

公照さんの作品だと思ったらご子息の 公庸さんの瓦作品

文字や絵の雰囲気が そっくりで驚きました

 

 

ミニサイズの鬼瓦

 

国宝や文化財の寺社の修復は 昔と同じ形の瓦で

国宝や文化財の寺社の瓦のふき替えは

100年に一度だそうで 伝統がないとできない

お仕事かもしれません

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:40 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links