デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 光明皇后をも魅了した欧陽詢の文字 | main | 惹かれるサインに出合いました >>
# 鯛茶漬け

鯛茶漬

 

昨日夕方外出から戻ると 近所の方から

さばいた鯛をいただきました

 

娘さんのご主人 つまりお婿さんが釣り好きで

高じて海釣りでの収穫を 近所の方々が

時々しかも大量に 頂戴しているのです

時には魚市場に持ち込むほど大漁だと聞きます

しかもきちんと捌いてくださっています

 

昨日は急だったので とりあえず お刺身と

あら炊きをし それをお一人でお住いの方にも届けました

 

お昼ご飯は 鯛茶漬け

庭で育った青紫蘇が今出番で 活躍します

本来はここに熱々のお茶をかけるのですが

ゴマと海苔をのせそのまま いただきます

 

 

前日の鯛の刺身が大量でしたので 器に入れ

まず清酒をひたひたに注ぎ

30分〜1時間以上清酒に漬け込み 冷蔵

醤油(お酒より少なめ3割ほど)を入れ すりごまを加えます

 

ラップを密着させ 冷蔵庫で寝かせます

多分20〜30分もすれは十分

 

これが我が家に子供の頃から伝わる 鯛茶漬け

お酒で消毒になると 親は言っていましたが

科学的なことはわかりません

 

地元博多では同様のやり方で

新鮮な鯖でやれば ごま鯖

 

奈良に越してきてからは

とれとれの魚でなくても 現在の流通に乗った

新鮮な魚が手に入るので なんでもOK

 

現在は刺身の残りを同様に 利用します

 

庭の青紫蘇が 雨上がりで一番美味しい時期

紫蘇は今の時期 柔らかで香り高く

自家製の紫蘇を食べ出すと 他の紫蘇は口にできなくなります

 

付け合せはトマトサラダ これにも青紫蘇

玉ねぎはお隣の方の 家庭菜園の収穫をいただきました

 

素敵なご近所に囲まれ幸せです

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:32 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links