デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いろいろ異なっても書の道 | main | 緑いっぱい >>
# 奈良の燕

 

今朝の新聞で奈良市の 平城京跡で夕方になると

燕が乱舞していることを知りました

昨日のある番組でもそれをちょっと耳にしたばかりでした

 

2017.8.26 読売新聞記事より

 

南への旅立ちを前にツバメ数万羽が 夕空を覆う

「ねぐら入り」がピークを迎えたそうです

生駒山に陽が落ちるころいたるところから集まり

刻々と数を増した群れが黒い渦のような

乱舞を見せるというのです

 

桜前線とともに日本に飛来し

秋になると長旅に備え列島各地で

栄養を蓄えながら南下

 

平城京に広がるヨシ類はねぐらとして

ツバメに知られているようです

 

 

古代ヤマト講座の行き帰り 平城京跡の大極殿が

正面となるような電車の座席を確保します 

古代に想いを馳せながら 昼間青々と

緑に覆われた景色を眺めているのですが

知りませんでした

 

 

近くのスーパー室内駐車場の ツバメの巣 8月上旬

暑くないの?

 

この子たちも 今は親ツバメと一緒に

あの乱舞の中にいるのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:00 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/912
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links