デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スマホでtolk | main | 「旨い字が描きたい」スライドトークショー >>
# デザイン書道の基本

講座 4月の手本

 

 

蘭亭序の読み下し文

20代の頃購入した 王羲之の蘭亭序の和綴じの本には

読み下し文が付いていました

 

 

2月から始めた講座は6回目を迎え

みなさんの事情に合わせ 月1回の方もあり

自由な雰囲気で進めさせていただいています

 

デザイン書道を生活に活かすのみでなく

仕事にしたい方も 応援したいし

墨や筆を使い 日本の伝統文化を 次世代へ

伝えていっていただく方になってほしいとも思ってます

 

色々迷いながら できるだけ受講生の方に即した

内容にしていきたいと思うばかりで

アレヤコレヤ盛りたくさんになり

焦点が定まらない状態でした

 

デザイン書道といっても基本は

やっぱり楷書行書隷書 これはしばらく

手慣らしでも続けたいと思っています

 

また20年ほど賞状も書いていたので

その世界にも進んでほしいと思っています

いっときパソコンに席巻されたホテル筆耕も

手書きが見直されているとも聞きます

 

子供の頃の稽古 筆耕として培った

宛名書きや 賞状の仕事

カリグラフィーの文字も 納得いくまで

書き込むとすぐに100枚くらいの半紙はあっという間に

なくなります

 

目習いも大切ですが

書いて 描いて 書き込む以外

たくさん経験すること以外 上達の道はないのです

 

バレリーナの絵を描くドガが 若き日 絵の上達法を

巨匠に尋ねると「たくさん線を描くことだよ」と

言われたと聞きます

 

しばらく模索は続きますが

頑張っていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:52 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/967
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links