デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「旨い字が描きたい」スライドトークショー | main | 今年はやまふじが見事! >>
# 漢字はいつ日本に伝わったのか

漢字(書写体)

 

漢字はいつ日本に伝わったのか

文字に関わる仕事をしていると 大変気になるところです

 

福岡県の志賀島で発見された金印

西暦57年と中国の書物に記録された

「漢委奴国王」の印には文字が刻まれ

当然その意味合いが 伝えられたでしょうし

 

4世紀頃仏教伝来で伝わった経典には

漢字が書かれていたでしょうし

 

それ以前の弥生時代 朝鮮の伽耶国との鉄取引では 

文字が使われていたらしいといわれます

 

現在のような情報化時代ではないので

何世紀もかけ 少しづつ変化しながら伝わり 

空海のような 偉人によって文字は

高まりを見せたことでしょう

 

平安期には 速書きの必要性もあって

仮名の発明へと至ります

 

 

 

50年ほど前 埼玉県の稲荷山古墳から 出土した

鉄剣には文字が刻まれています 雄略天皇の頃とされます

 

そんなことも 先日のトークショーで

話しましたが 未だロマンあふれる

歴史です

 

パソコンやモバイルの影響で

手書き文字が機械文字に変わっていく時代では

ありますが あくまで基本は手書き

無くしてはならない文化ですし

伝えていかねばならないことだと思います

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:23 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/969
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links