デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群での同窓会 | main | 刻字の体験 >>
# 萱沼貞石先生の見事なペン字

ペン字の書き方字典   昭和38年1月6日 初版

編者 萱沼貞石  発行所 大泉書店

 

欧陽詢76歳の書 「九成宮醴泉銘」のペン字版に

思えて仕方ありません

 

この書籍は 絶版で ネットで検索すると

30,000円以上の 値段が付いていました

 

20代の頃 書道の先生に薦められた 美しいペン字の本

これ以上のペン字の本は 今書店では見当たりません

 

楷書 行書 草書 書き順が 見事な字体で

美しい線質で収められています

今でも困った時はこの本を開きます

萱沼先生のお弟子さんだった 

恩師 井上静石先生も 品格のある文字でした

 

*****************************************************************

 

2月から始めたデザイン書道講座ですが

受講の方の意見を聞きながら 好みを感じながら

迷いつつスタートしました

 

この3〜4年の間に 携帯やスマホは小学生から

高齢者までいきわたり 文字を手書きしない

連絡手段が浸透し 文字を書く術が急速に

衰えていると感じます

 

デザイン書道云々言っていられないと

まず文字を「書く」ということから

始めないといけないことを痛感し 失礼を承知で

「ペン字」も並行してやってみることに

したのです

 

もともと文字に興味のある方が

来てくださったのですが 

上達法は たくさん書くこと以外

ないということを 事あるごとに伝えます

 

筆でも ペンでも 

文字でも イラストでも

何でも手を動かして書いてもらう事が

唯一の上達法なのです

 

 

そしてデザイン書道は

イメージを元に 発想する

書道だという事を 伝えていきたいと

痛感したものでした

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:14 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/975
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links