デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 萱沼貞石先生の見事なペン字 | main | 横書きの文字 >>
# 刻字の体験

刻字講座の体験 魚の古代文字

 

先週の事ですが 刻字講座に参加しました

先生のお手本を写し 木工用のノミで 

ボードに刻します

 

書道は紙に書くだけでは 作品としては未完成

裏打ちして額装したり 軸物にしたりしないと

その存在感はなかなかです

 

表現者として最後まで自分の力でと

その方法を模索しますが

大変です

 

平成の初め頃 奈良の大学書道部の

展覧会で 見事な刻字作品に出会いました

以来いつかはこんな作品をと

思っていましたが 日々の忙しさにかまけ

そのままになっていました

 

 

こんな本も買っていたのですが

眺めるだけでした

 

自分の日程を調整すると なんとか

参加できる講座を見つけました

 

そこは同じく書道する方の集まりで

昔 日本商業書道作家協会で出会った頃の

すぐに馴染める暖かい雰囲気の方ばかりで

とても嬉しくなりました

 

また驚いたことに よく知る方もいらっしゃって

あれっ? という事になりました

 

先生に道具をお借りし ボードも

ご用意いただき 楽しく刻させていただきました

黙々コツコツ 篆刻と同じ感覚が

蘇ってきました

 

いつか自分の文字で 板に刻せたら

と思うのですが・・・

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:38 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/976
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links