デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 地球の悲鳴 | main | 手書きの未来 >>
# 人生100歳を考える集い

7月始めの自治会回覧で

上記の呼びかけがあり参加しました

 

 

昨年1月 今後10年15年後の平均余命は100歳

75歳までは老人ではない と報道され

断捨離とか エンディングノートの用意を

とか思っていたので このニュースは衝撃的でした

 

 

生駒市長さんの 来賓挨拶で

「人生100年の時代を迎えるにあたって」では

当市の現況をお話くださいました

 

生駒市は1970年代に 大阪の通勤圏として

あちこちで住宅開発が進み 大勢の方が移住され

当時の4倍近くの人口になりました

今やその年代が高齢化を迎え

高齢化率がとても高くなっています

 

しかしながら それを人財(たから)として 今や

全国から脚光を浴び 市長さんは

あちこちの自治体で講演されたり

生駒市にもこの1年 全国200もの自治体から

学びに来られているという 嬉しい報告でした

 

介護認定を受けた人たちが

体操をし 認定を外れ

元気になった方々が 経験を生かし 

健康体操などを ボランディアで

指導するというのです

 

また 市民が出資者を募り 市の建物や用地に 

太陽光発電装置を取り付け 施設の電気を

賄う会社が設立されたり

 

得意技を生かした 「おもちゃの病院」では

子供達の壊れたおもちゃを修理したりし

「きょうよう」と「きょういく」を

つまり今日用事があり 今日行くところがある

ということを実践されているのです

 

ニュータウンができた頃から

ご近所仲良く5000人ほどの住宅地で 自治会はひとつ 

盆踊りや運動会ソフトボール大会 公園の清掃等々が

行われ 先進的な地域でした

 

高齢者による 登下校の見守り

犯罪や防犯防災のための夜回りと

現在も多くが続けられ それが 

他地域にも広がっていっているようです

 

また市役所の職員も 市民が頑張っているのだからと

次々にアイディアを出して 動き出し

前向きな循環が できているということでした

 

暑いさなか この催しに集まった人たちが

100人以上 会場は満席状態

予測で準備された65部の

資料が足りず 急遽コピーされました

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:25 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/986
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links