デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< IKOMAサマーセミナーの中止 | main | ねこにまたたび >>
# 「ゆび」の力

 

現代人の指力はどんどん落ちているのではないでしょうか

 

子供のころ当たり前のようにやっていたこと

タオルや雑巾を絞る 紐を結ぶ 鉛筆を小刀で削る

遊びではメンコ おはじき コマ回し お手玉

縫い物 編み物 父は書類を綴じるのに

紙縒りを作って綴じていました

 

今では全て 家庭からなくなったことです

 

もうじき4歳の男子を持つ娘から

「お箸がもてない」と言ってきました

食べ残すからと言って いつも追っかけて

スプーンやフォークで食べさせるからではないのと

いうと そうだとばかり黙り込んでしまいました

 

そういえば12歳の孫は 文字が雑で

きちんとトメやハネができません

 

よくよく考えると 指力がなくなっている

からではないか 握力がないからではと

思えることばかりです

 

元 小学校の先生だった方とのお話では

今の子は 雑巾絞れない 箒が持てない等々・・

と同じような疑問をお持ちでした

 

先日のネットの記事では

筋力ができていない子供に 文字の練習は

時間の無駄だと書いてあるのもあり

とても残念に思えました

 

人類が進化したのは 道具を使ったから

つまり道具を自由に使う指力があったからでは

ないかと思うのです

 

おろそかにしては今後の人類の進化に

影響があるのかもしれません

 

全てが便利で効率よくなっている現在

指がしっかり活躍するのは

つまり指力を存続させるのは

手書き文字ではないかと

思う本日です

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:05 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/989
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links