デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 楽しむ刻字作品展・・本日より | main | 第5回「万年筆で絵を描こう」展が始まります >>
# シゲちゃんの思い出

 

 

近所の保護犬 シゲちゃん

 

夕方近所に伺うと このシゲちゃんのことを書いた

社内報を見せていただきました 娘さんが

思い出として投稿されたのです

 

26〜7年前の出来事です 

天理市で 飼育できなくなった犬を 高齢の方が

引き取ったまま病気でお世話ができず その後放置されました

 

70~80頭ほどの犬たちを 大和郡山の保健所が 

全国に呼びかけ 新しい飼い主を

探しているということで 新聞やTVにも報道されました

 

近所の動物好きでやさしいNさんは 最後に残った

何頭かの中の それも一度引き取られ 返された

シゲちゃんを 引き取ってこられたのです

 

シゲちゃんは4〜5日も経たないうちに 散歩に出かけた先で

開いたジャンプ傘に驚き 紐をつけたまま 一目散に走り出し

行方不明になったのです

 

手分けして探したのですが見つからず

やっぱり居着かなかったのかと

思っていたら 2〜3日後の夜明けに

ひとりで戻ってきて 近所中安堵しました

 

シゲちゃんという名は保健所でつけられた名で

風貌が長嶋茂雄さんに似ているからとのことで 

シゲちゃんが惑わないよう馴染んだ名で 

N家でも そう呼ばれました

私はずっと シゲでなく茂ちゃんと思っていました

 

その後何年か平穏に暮らしていたのですが

ある年の10月初旬に また行方不明になったのです

首輪を 残したまま

 

N家では ありとあらゆる方法でシゲちゃんの広報をし

ご家族はどこへ出かけるのでも シゲちゃんの大好きな

餌と 首輪を持参され 消息の連絡があれば

すぐに対応されました

 

側で見ているこちらも 心が痛みますが

奥様の憔悴様は限界を超えていました

 

暮れに見かねた娘さんから 子犬を

プレゼントされました

 

 

開けてお正月 2日か3日の日です

宝山寺へおまいりしようと 車を止め

ケーブルの駅まで歩いていた時です

出会った犬に 思わず「茂ちゃん」と

声をかけました シゲちゃんにそっくりです

随分やつれて ボーッとして自信なさげですが

呼びかけに反応して ゆっくり不思議そうに

振り向きます やっぱりシゲちゃんに違いありません

 

N家に連絡するとご主人が急いで車で駆けつけて

こられました 

「オイ シゲ!!! どこに行っとったんやあ」

 

元気なくぼーっとしていた シゲちゃんの

心にこの声が届いたのです

急に尻尾が キュ! キュ!と巻き上がり

目がキラリと光りました 感動の再会でした!

 

シゲちゃんは1週間ほど前から この路地の

おばあちゃんに 餌をもらっていたのです

首輪もなく こんな高齢になって 捨てる人がいるなんて

残酷や〜〜と おっしゃったのですが

どんなに探していたかを お伝えしました

 

その後シゲちゃんは N家に戻り 新人の

子犬と仲良く幸せに暮らしました

今ではシゲちゃんも 新人の子犬も

天国へ行ってしまいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:17 | category: デザイン書道 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumanoseinai.jugem.jp/trackback/995
トラックバック
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links