デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 新元号「令和」

令和

 

新元号が発表されました

平成の時もそうであったように

聴きなれない言葉に戸惑いますが

落ち着いた響きがあります

 

万葉集のそれも福岡(出身)の太宰府にある

坂本八幡宮にその歌は関わっているとのこと

 

2月15日のブログで2月の異称「令月」を

取り上げたばかりでしたので

何か関連付けて嬉しいことでした

 

また令和の「令」の最終画は

縦一でも 、でもよく・・・

これとて長年文字の書き手として

昭和から平成中後半まで戦って?きた書き方が

堂々とどちらもOKとなった経緯もあります

関心をお持ちの方は下記↓ブログご覧ください

 

「とめる」「はねる」細部にこだわらない

http://kumanoseinai.jugem.jp/?day=20160301

 

平成時代の天皇・皇后陛下がこれからごゆったり

お過ごしくださいますように〜〜

また 新しい「令和」が希望に満ち満ちた時代に

なりますことを願いたいと思います

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:46 | category: デザイン書道 |
# あすか野小学校ブラスバンドMemory Concert

Memory Concert

 

関西小学校バンドフェスティバル(2018年夏)メンバー

大阪城ホールでの金賞受賞記念撮影=メモリーコンサートプログラムより

 

あすか野小学校のブラスバンド部は 地元とあって

自治会こぞって応援しています

本日近くのイスタハバタキホールで

メモリーコンサートが開催され

聴きに行きました

 

先生方や父兄の方はもとより 自治会員にも

応援していただいてありがとうございますと

いつもこの子たちは 周りの人々に感謝の気持ちを

忘れず伝えてくれるのです

 

 

創部25年です 今年度は全国大会をはじめ 数々のコンクールで

すべて輝かしい金賞を受賞し 午後1時から4時半まで

長〜いコンサートが開催されました

 

第1部 25周年記念ステージ

第2部 この1年を振り返ろうステージ

第3部 マーチングステージ

 

 

どれもこれも素晴らしくて涙が溢れるほどの

感動的な演奏でした

譜面台に隠れるような小さな子供達もいて

身の丈を超えるような楽器を操作し

マーチングでは大きな旗をも振りかざすのです

 

楽曲の合間のメッセージも 今時の小学生らしい

利発な演出で盛り立てます

腹筋を使った演奏ですから どの子も

ハキハキ通る素敵な声です

 

少人数のバンドなので 近くの平群小学校の

バンドと助け合いこの金賞の偉業を成し遂げた

コンクールもあります

 

この子たちはこのブラスバンドで

人生で大切なことをたくさん学んだことでしょう

頑張ること 耐えること マナーや感謝の気持ち・・・

 

長〜い演奏会は最後まで会場いっぱいの人々で

あふれていました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:53 | category: - |
# 復興支援のTシャツ

がんばるで、くれし

 

昨年は本当に災害の多い年でした

広島県の呉市でも土砂崩れにより

道路が寸断 大勢の方が亡くなられました

 

作夏 中国地方を襲った豪雨災害の後

広島勤務だった奈良市の知人からメールで

復興支援Tシャツを作るから文字をお願いといわれ

急遽何種類かの文字を用意しました

 

たまたま翌日奈良市に行く予定があったので

その折にお渡ししますという約束をすると

知人は入り口で 待ってくださってました

 

そんなに急を要したのかと

驚いたのですが

 

 

知人はTシャツでないのが申し訳ないと

いわれますが ご心配なく〜

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:51 | category: デザイン書道 |
# 楽な生き方

 

 

楽 

 

テレフォンカードが出てきましたが

テレカを知らない世代も増えたことでしょう

いつの頃か忘れましたが 協会で会員に呼びかけ

それぞれが文字を描き 一斉に制作したものです

 

 

中一の孫や娘たちと 京都の本能寺へ彼岸参りをし

その帰り道 楽な生き方と 難しい生き方の

どちらを選択したいのか尋ねました

 

すると「楽がいいよ」って目を輝かせて言います

春休みとはいえ 今の子供たちは なかなかのんびりとは

過ごせないご時世です

 

楽に生きたければ 決められたことを守り

清く正しく 真面目に生きることだというと

「何だつまんない」とばかりがっかりされました

 

年齢重ねるほど いろいろ気づくことが多く 

姿勢にしろ 歩き方にしろ

長年の積み重ねだったと 

思い知らされることばかりです 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:36 | category: デザイン書道 |
# なら工藝館は傳える

傳=伝の旧字

 

奈良はシルクロードの終着点といわれ

日本の文化 伝統工芸発祥の地として栄えました 

 

「なら工藝館」は ならまちの古い町並み保存と 

活性化を目指し 平成12年にオープンしました

奈良市阿字万字(あぜまめ)町にあります

 

奈良の古い伝統工芸である

漆器 一刀彫 陶芸 奈良晒 仏像彫刻 金つぎ 

漆 木工や トンボ玉等の長期講座も開催されています

 

又奈良デザイン協会とタイアップして

パソコンや 書道 スケッチ 基礎デッサン等々の

短期講座も開かれます

 

3月のスケッチ講座 小学生も参加し応援に行きました

 

 

未来に生きる子どもたちに伝えねばならないこと

知っていることを 知りたい人につたえたいこと

 

今を生きる人々も 古代からの叡智を順送りに伝えられ

想像さえしえなかった世界に生きています

それが幸せなのか そうでないのかわからない

でも私たちは「傳えねばならない」と思うのです

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:43 | category: デザイン書道 |
# 感動すること

奈良県防衛協会 自衛隊音楽定期演奏会

平成初め制作のロゴ

 

 

東大阪市民美術センターといえばご存知ないかもしれませんが

あの花園ラグビー場の一角にあります

「はしもとみおの世界展 木彫りどうぶつ大集合!」に行きました

 

みおさんの動物に対する感動が

しっかり伝わってきます

はしもとみおさんは1995年 15歳の時阪神・淡路大震災を

経験し 近所にいた動物たちの生と死を

見つめてきた動物肖像彫刻家

 

芝生の陽だまりに 寝転ぶ猫や犬たち

 

久しぶりに家族と出会うように 膝をついて

向き合う来館者

 

木彫りなのに羊のふわふあ感が見事です

 

 

あっちもこっちも木彫りの動物ばかり

大きいのから小さいのまで いっぱい〜 

 

 

展覧会に誘ってくださる方があったのですが

日程の折り合いがつかず 一人で出かけました

平日でしたが大勢の方が来館されました

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:22 | category: デザイン書道 |
# サカナヘンノヒトタチ展2019

サカナヘンノヒトタチ展

 

千葉流山 EAST展に続き WEST展は

阿波座の江之子島文化芸術センターで

本日まで開催されていて 昨日は

出品者が3分間で 作品の経緯を説明する

ライトニングトークショーでした 

 

例年魚釣り好きのヒトが集う 楽しい展覧会で

趣向を凝らした作品が多く魅せられます 

 

その一部を紹介します

長年の釣り愛好家の方で 家が2軒ほど買えるくらい 

お値打ちの竹竿時代からの 逸品を展示されました

手入れが行き届き 重厚感があります

 

若冲かなあ と見紛うくらいサカナの生態が

丁寧に描き込まれています

 

 

浮きブイと言うのでしょうか

ご家族での合作 ウキウキするような優しい作品

 

 

本業はカメラマンさん

流木で いろいろなサカナが表現されています

ヒレや尾びれは金属で スタンドはカットされた石

とても手の込んだ楽しい作品で見応えあります

 

 

油絵制作に没頭されるお世話役

神谷さんの熱い自画像

 

 

立派な軸装なのに  これは うなぎ〜〜〜  

出品者は ノコギリ奏者

 

網にかかった処分するような雑魚を

薬品で処理し 色付けされた作品 

宝石みたいに綺麗で 商品化されたものもあるそうです

 

 

小学生のご兄弟の作品 ルアー(擬餌針)

この子たちは多分生まれる前から参加してて

今回お兄ちゃんは トークショーのストップウオッチ3分計時役

弟君は打楽器で合図役

この音色がトークショーを大いに盛り上げました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:49 | category: アート |
# 令月〜

令月 =2月の異称で何をするにもよい月

 

 

篆刻を習っていた頃 2月の異称を教わりました

如月 爽鐘 中和月 仲陽 跳月 麗月 ・・・

冷え込んだり 暖かかったり 陽の光が明るかったり

時々でその言葉の意味がが感じられます

 

凍てついた後 日差しにつられ一気に芽を出すチューリップ

 

 

 

 

菜花が食べたくて 庭先に植えた小松菜が順調に育ち

この冬大活躍  ちょっと食傷気味です

 

 

寒い中住宅地の周りを歩くと 農園が広がっています

可愛いカラスの 案山子です

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:18 | category: デザイン書道 |
# 節分の鬼

節分

 

 

春の兆しとともに 気分一新したいと

思います

 

4歳になる孫は1月半ばから鬼の面を

保育園で作っていて

「鬼さんいつくるの?」と

大変怖がり

 

孫を含め背丈もある頑強そうな

二人が 未だ鬼を怖がっていると娘から

聞いていました

 

赤いパーカーを着て鬼の面をかぶり

鏡の前で何度も納得しても

大きな鬼が怖いのだといいます

 

2月1日の金曜日 保育園は豆まきで

朝から「行きたくない」とゴネ

どんな事態になったかと興味津々でした

 

夜になって電話をすると

「机の下に逃げて見ていたら鬼は園長先生で

一つ上の年中さんが新聞紙で作った大きな豆を

鬼に投げていたから 来年は大丈夫」

と聞きホッとしました

 

明日は立春 元気な春が来てほしいです

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:11 | category: デザイン書道 |
# 平成が始まった日

 

表彰状・感謝状・卒業証書や巻紙の祝辞や答辞などを書き

感謝状で長いものは全文で350文字 祝辞や弔辞は

1400〜1500文字もありました

 

 

 

昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御され

翌1月8日から平成は始まりました

当時は 筆耕職で 元号が変わるということで 

元号部分を空白にした賞状を 納期寸前まで

手元で預かっていました

 

小渕さんが「平成」と書かれた新元号を

発表され 新年早々でしたから出初式の

賞状に「平成」と書き込むのですが

あらかじめ書き込んだ日付の一番上に入れるのに

苦労した覚えがあります

 

また小学6年生が各自手漉きした和紙の卒業証書も

持ち込まれていて ボコボコした和紙に手書きで

書き込んだのも懐かしい思い出になっています

 

それが平成の始まった日の 記憶です

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:17 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links