デザイン書道つづり

兎のように元気でいたいのですがホントは亀かも

Copyright(c) Kumano Seinai. All Rights Reserved
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ふしぎなサフィーニャ

 

仮面舞踏会かなあ ピカソかなあ

と思われるサフーニャが咲きました

 

白いサフーニャはご近所でいただき

濃いピンクは毎年1株 植木鉢に植えていたのです

その種が落ち たくさんの芽が出ていたのですが

 

気がつくと 多彩な顔をした

花が咲いていました

白・淡いピンク・ 濃いピンク・

白淡いピンクのまだら・白濃いピンクのまだら

 

ちょっとワクワクする 雨上がりでした〜

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:10 | category: デザイン書道 |
# 名古屋城本丸へ

関ヶ原の戦いに勝利し 徳川家康は豊臣方への備えとして

名古屋城を築城しました

家康は築城にあたり 加藤清正等 西国大名20家に

普請を命じたのです

 

 

昭和20年の名古屋大空襲で 本丸のほとんどを消失

市民の願望で昭和34年天守が再建されましたが

耐震性が低く 今は閉鎖中で 資料に基づき

復元が進められているようです

 

復元中の本丸御殿

本丸の入り口は 殿様専用

 

竹林豹虎図 白い部分はこれから修復

 

 

 

 

 

襖絵や天井絵 欄間の豪華な彫刻・飾り金具等々

贅の限りを尽くした豪華絢爛な空間です

 

TVニュースで時々流れる名古屋城

あっと驚くような空間にいつも 目を奪われていました

 

読売新聞の「わいずクラブ」で

名古屋城見学日帰りツアーに参加しました

 

名古屋は通り過ぎることはあっても

観光したのは40年ぶりくらい

「トヨタ産業技術記念館」と共に

楽しい1日を過ごしました

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:06 | category: デザイン書道 |
# 唐招提寺のうちわまき

唐招提寺中興の祖 覚盛上人の御忌法会

「うちわまき」に参詣しました

 

当時 戒律の専修道場として 「僧侶たらんものは

先ず 唐招提寺に参じ 伝律授戒を受けたるのち

自宗を学ぶべし」とされ多くの学僧が住したとされています

 

覚盛上人は 群れくる蚊をも払う事なく

慈悲 忍辱の道に徹せられ その恩徳を偲び

上人没後 うちわを御宝前に献じた事が

うちわまき会式の始まりだそうです

 

 

長屋王の「山川異域」を長年お世話になった

奈良の印刷屋さんを通じ 奉納させていただき

以来 この光栄な「うちわまき」の揮毫を

させていただいています

 

締め切りは平成の最後でした 

「令和」が発表されたばかりで

2枚送られてきた 指定の用紙に

時の言葉 「初春令月 気淑風和」と「敬天愛人」の

2枚を書き込みましたが 1点でよかったようです

 

 

世界遺産のお寺の管長さんや 浜村淳さん 三浦洸一さん

雪代恵子さん 森村誠一さん 山川静夫さん 宇野亜喜良さん

等々有名な方々のお名前もあります

 

 

「うちわまき」は午後3時から

混乱を避けるため 囲われたところで 少しづつ

楼上より 撒かれます 

うちわは 諸願成就 家内和合の宝扇護符です

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:28 | category: デザイン書道 |
# 麗しい迎賓館赤坂離宮

 

前日回ったハトバスで 迎賓館が一般公開されていることを知り

雨の平成最終日 訪ねました

 

迎賓館は 外国からの賓客を接遇する 外交の場

明治期の建築・美術界の総力を結集して

東宮御所として建設され 国宝となっています

 

入館にあたっては 厳重な手荷物検査があり

館内は撮影禁止

 

 

ワクワクするような 塀に囲まれています

4歳の孫には 母親がソフィアのお城なのというと

他の説明は要りませんでした

 

前日のバスからの景色

 

 

玄関を入ってすぐの 大ホール  パンフレットより

 

目にも鮮やかな真紅の絨毯 イタリア産大理石

黒い部分は昭和の大改修で張り替えられた

宮城県産の玄昌石

まるでソフィアのお城みたい 

 

朝日の間 パンフレットより

 

要人の表敬訪問や 首脳会談が行われる朝日の間は

国賓が天皇皇后両陛下とお別れの挨拶をされる

もっとも格式の高い部屋です

 

他 彩鸞(さいらん)の間 羽衣の間 

晩餐会が催される 花鳥の間

 

迎賓館は 紀州徳川家の江戸中屋敷の地に

10年の歳月をかけ 明治42年に東宮御所として建設

当時の一流の建築家や 美術工芸家が総力を挙げ

建設された 日本唯一のネオバロック様式の

西洋風宮殿建築です

 

折あらば ぜひご覧いただきたい建築物です

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:43 | category: デザイン書道 |
# 令和が始まりました

令和 (篆書)

 

令和が始動しました

平成は昭和天皇が崩御され

日本中が喪に服し 厳かに静かに始まったのですが

この度は天皇・皇后両陛下が ご退位されての

ご即位でしたので 日本中がお祭りのようになりました

 

麗しく和やかな時代になって欲しいと

多くの人々が願っています

 

弥栄 いやさか

 

首相の「国民代表の辞」の文の最後に

令和の御代の平安と皇室の弥栄を

お祈り申し上げますと述べられました 

 

賞状を書いていた若い頃 感謝状や表彰状に

2〜3度この弥栄という言葉が出てきました

当時は読めず 意味もわからなかったのですが

その雅な響きが 心に残った覚えがあります

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:14 | category: デザイン書道 |
# 平成最後の日

天皇・皇后両陛下 退位礼正殿の儀を終えられ

今夜を以って平成も終わりとなりました

 

天皇皇后両陛下の ご誠実で真摯なお人柄は

国民のみならず 海外からも敬愛をあつめられ

そのご退位を見つめました

 

また災害の多かった平成の時代

全国各地回られ 人々に寄り添われたことは

当事者のみならず多くの国民が感謝と感動の念で

いっぱいだったことでしょう

 

これからは 少しごゆっくり ご自由に

お好きなことを お好きなようになさって

いただきたいと願います 

 

 

実は昨日から娘たちに誘われ

2日間上京し 先ほど帰ってきました

 

昨日は 家族揃ってハトバスで

皇居周辺はじめ 浅草浅草寺に行き

隅田川を水上バスで走るという

超半日周遊コースで巡りました

 

特に浅草浅草寺の仲見世通りは

大勢の海外の方々で溢れ とてもまっすぐには

歩けませんでした

このインバウンドも平成の特徴的な現象

なのでしょう〜

 

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:38 | category: デザイン書道 |
# ロゴ採用の連絡

綾夢  

何種類かの中で 一番気になる文字をNo.1で

提案していたものが採用になりました

 

 

メールを開くと 納品していたロゴが採用になり

本日アマゾン限定で販売開始という

うれしい連絡でした

 

 

 

ニッカウィスキーさつま司蒸留所製造の焼酎です

素敵なパッケージに仕上がり幸せ〜

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:02 | category: デザイン書道 |
# 吉野山の桜

上の千本

 

 

下の千本 中の千本 上の千本と

下から順に咲いていく吉野山の桜はひと月に渡って

楽しめる 桜の名所です

 

急に思い立ち 水曜日に吉野山に桜を見に行きました

25年ぶりの吉野山ですが 風も冷たく寒く曇り空

 

電車・バス乗り継ぎ吉野山に着いたのは11時ごろでした

昔と異なりネットで吉野桜も世界中に拡散され

何度目かのインバウンドらしい通の方も見受けられます

 

中の千本でバスを降り 歩き始めると八重桜

 

 

民家の美しい枝垂白桜

 

この辺りの住所は

奈良県吉野郡吉野町吉野山

 

下の千本 中の千本はほぼ終わっていましたが

上の千本は今が一番の見頃と地元の方が言われます

 

 

 

 

休憩した コーヒー茶屋の90歳の女将さんが

見せてくださった裏山 見事でした〜

葛餅もおいしかった〜〜

 

毎年報道機関の撮影場所になっているそうで

この日もドローンをここから飛ばすのだと

 

お天気さえよければ桜の色がもう少し

鮮やかだったかもしれません

 

桜の花のピンク 新芽の赤 若葉の黄緑

それを取り囲む山々の濃い緑

この全景のバランスが古代から愛でられた

吉野の景色なのだと再確認しました

 

 

木立の間の白は 桜 桜 桜

 

 

散り始めていますが風情いっぱい

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:08 | category: デザイン書道 |
# 朝ドラ泣けてしまいます

 

朝ドラ100回記念の「なつぞら」がはじまりました

初回から涙なしでは見られない番組です

 

昔の名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」の制作に

携わった方がモデルになっているようで

牧場の景色や牧牛の描き方がハイジの映像と重なり

感慨深いものがあります

 

ちょっと冷たそうで 厳しそうに見えた

草刈おじいさんの温かさが

アニメハイジのオンジに結びついてしまうのです

セリフは忘れましたが これからも草刈

おじいさんが 見逃せません

 

 

春休み中の孫にもしっかり

見てもらいたいものだと思いました

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:22 | category: デザイン書道 |
# 新元号「令和」

令和

 

新元号が発表されました

平成の時もそうであったように

聴きなれない言葉に戸惑いますが

落ち着いた響きがあります

 

万葉集のそれも福岡(出身)の太宰府にある

坂本八幡宮にその歌は関わっているとのこと

 

2月15日のブログで2月の異称「令月」を

取り上げたばかりでしたので

何か関連付けて嬉しいことでした

 

また令和の「令」の最終画は

縦一でも 、でもよく・・・

これとて長年文字の書き手として

昭和から平成中後半まで戦って?きた書き方が

堂々とどちらもOKとなった経緯もあります

関心をお持ちの方は下記↓ブログご覧ください

 

「とめる」「はねる」細部にこだわらない

http://kumanoseinai.jugem.jp/?day=20160301

 

平成時代の天皇・皇后陛下がこれからごゆったり

お過ごしくださいますように〜〜

また 新しい「令和」が希望に満ち満ちた時代に

なりますことを願いたいと思います

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:46 | category: デザイン書道 |
熊野井乃ホームページ
熊野井乃ホームページ
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links